標高3000mからの富士!

Dsc_031310b



こんにちは、みなさん。



今年は毎日暑いですね。暑いというだけでへたりこんでしまう



私にとって、夏は厳しい季節です。



とは言うものの、やはり、この季節ならではの「富士」があるの



です。それが私の富士の大きなテーマのひとつである「南アル



プスからの富士」です。



去年は台風で登山道や橋が崩落したため行けなかった北岳へ。



急な登りがえんえん8時間続くため、登れるかどうか、いつもチャ



レンジになっています。高い山は、年々厳しくなっては来ているの



で、今回また、こうして登れたことを心から嬉しく思っています。



富士も最高でした。夜中から、街明かりの雲海の中に浮かび上が



り、また、空には天の川や流れ星がはっきりと見えました。



夜明けとともに姿を現した富士は、まさにここ3000mの世界から



しか見ることのできないダイナミックなもの。雲海の上に悠然とそ



びえる富士の姿に、全てを忘れてシャッターを切り続けました。



「必ず、また行くぞ!」の想いを新たにした山行きでした。



「3000mの夜明け」 



(2012年 8月17日  朝   北岳より)



※写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。



ブログに戻るには、パソコン左上の「←」マークをクリック



してください。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしい富士の写真に感動しました。登山が出来るまで体調が復活できたのですね。良かったです。これからも素晴らしい写真をお願いします。楽しみにしております。

No title

こんにちは、白川さん。
またのお越しありがとうございます!
うれしい限りです!

北岳(南アルプス)からの富士は私の富士山写真の大きなテーマですが、あまりに過酷な登山のために、行くたびに高山病や体力の消耗に悩まされて弱気になってしまいますし、実際、疲れ果てています。
それでも、ご覧になっていただいてわかるように、ここまで行かないと見ることの出来ない素晴らしい富士の姿があるのです。

体力、気力の続く限り、チャレンジし続けていきたいと思っております!

いつもありがとうございます!

No title

山本様 こんばんは!
素晴らしい写真を撮るために大変なご苦労をされているですね。あらためてお疲れ様でした。
ミッドナイト富士も素晴らしいですね。満天の星を眺めながらどんなことを思ったでしょう?

No title

こんにちは、白川さん。

ご質問の件ですが、夜空を楽しみつつも、撮影に夢中です。いかにきれいに撮れるか、さまざまに設定を変えながら撮影しなくてはいけませんから。
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿