FC2ブログ

「今日の一枚!」

上州富士遠望(群馬県館林)
「上州富士遠望」  群馬県 館林市    Nikon D850  AF-S Nikkor 70-200mm F4G ED  2019年12月29日撮影

久しぶりの投稿になってしまった。
この間、当ブログを訪れてくださった方々には心から感謝申し上げたい。
そして、しばらく投稿を休んでいる間に、世の中は、予想だにしなかったことになってしまった。
このウイルス騒ぎは、いったい、いつになったら終わりが見えるのだろうか。
そして、みなさんは無事でお元気にされているだろうか。

この写真は、昨年、2019年の最後に撮った写真だ。
誰も撮っていない場所からの富士を撮りたくて、群馬県の館林まで遠征してきた。
富士山までおよそ120キロあるこの場所からでも、富士山はこんなに見事に見えるのだ。
この朝は、富士山が紅に染まる色も濃く、手前の木にとまる鳥たちが趣を添えてくれた。

穏やかで、とても楽しい撮影だったので、また次の冬も撮りに行けたらと願うばかりだ。
コロナウイルスが早く終息することを切に願って。


インスタグラムはこちらです^_^
ここをクリックしてください^^。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

誰も撮ったことのない富士山や、誰も撮ったことのない場所からの富士山の写真など私もいつも機会があればと思っています。こちらのお写真は群馬ですか、我々の住む場所からも遠い富士山の風景ですね。

こんばんは

お久しぶりの更新、お待ちしていました!
今日も素晴らしい作品です^^
どこから見ても富士山は美しいですね~~
鳥がいいアクセントになっています。
早くコロナウィルスが終息してほしいですね。
お体に気をつけてください。

MTさん^^!


こんにちは、MTさん^^。
いつもうれしいコメントをありがとうございます。

そうですね。誰も撮ったことのない富士山が撮れると、うれしいですね。
北関東の群馬県から、こんなにきれいな紅富士が見れるのですから驚きです。

しかも、ここは渡り鳥の飛来で有名な場所なので、もう少し明るい時間帯になると白鳥が飛んで、
富士山と飛ぶ白鳥が撮れるのです。
チャレンジしてみましたが、難しくて上手く撮れませんでした(笑)。

次の冬もまたチャレンジしてみたいです^^。


土佐けんさん、助手さん^^!


こんにちは、土佐けんさん^^。
またまた間を空けてしまって、ごめんなさい。

昨年の暮れ、遠く群馬まで遠征して撮ってきました。
距離のわりに、富士山は大きく見えて、しかも、紅色ですごく鮮やかに染まりました。

私が撮ったこのポイントは、案内してくれた方こだわりのポイントで、
まさに、この杭の上にとまる鳥たちがいいわき役になってくれるのです。
明るい時間には白鳥も飛んで、富士山と飛翔する白鳥も撮れるのです。
山中湖の白鳥は飛ばないので、そういう意味でも貴重なポイントですね。

決まればカッコいい白鳥富士が撮れるのですが、私には難しすぎました(笑)。
また次の冬もチャレンジしてみたいです。

土佐けんさんも助手さんも、コロナにはお気をつけて、くれぐれもご自愛くださいね。
いつも本当にありがとうございます^^!


No title

上州遠望富士
淡い色合いの中に、止まり木に佇む鳥がスパイスになって見事なドラマになってますね!

まったくもって、この予想だにしない今の状況。
「明日」という未来がこんなにも不安な日々は経験したことのない辛さです・・・。
そんな中で、耕作さんのお写真を拝見していると
揺るぎない富士山への情熱が伝わり
きっと大丈夫と思えてきます。

富士山は、どこからでもいつの時代にも
変わらぬ姿でしっかりとそこに居てくれます。
そのことに感謝しながら、日々を粛々と過ごして行きたいです。

ということで、もっともっと沢山お写真見せてくださいねー。

cosmoさん^^!


こんにちは、cosmoさん^^。

ご無沙汰しています。うれしいコメントをありがとうございます。

ご縁あって、群馬県の館林から富士山を撮ることができました。
昨年の撮りおさめにもなった写真です。
普段は撮ることのない富士山から120キロ離れた上州の地からの撮影でしたが、
cosmoさんのおっしゃる通り、富士山は変わらぬ美しさを見せてくれました。

この日は撮影だけでなく、一日いろいろとても楽しかったので、思い出深い撮影になりました。

たしかに、とんでもない世の中になりました。
日々、撮影にも出られず部屋で過ごしていると時として心細くもなります。

またこの時のような楽しい撮影に出られるよう祈るばかりです。
cosmoさんも、くれぐれもご自愛されて、お元気でいらしてくださいね^^。






>


















プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿