FC2ブログ

「今日の一枚(撮れたて)!」

秋彩富士 (奥庭)

「秋彩富士」 富士山五合目 奥庭   Nikon D850  AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G ED

また久しぶりの投稿となってしまいました。
いつものように変わらずに訪れてくださった皆さんには、申し訳なく、また、心から感謝いたします。
本当にありがとうございます。

早いもので、もう11月。今年もあとふた月になりました。
私の方は、撮影に出かけたはいたものの、なかなかチャンスに恵まれず、思うような写真が撮れずにいました。
そこへ、今年の相次ぐ大きな台風で、いつも使っている山中湖へと通じる道が土砂崩れで、いまだに通行止め
という状態になり、物理的にも撮影に出られなくなっています。

自宅が被害に遭ったわけではないので、そこはありがたいと感謝しなくてはいけません。
ただ、富士山の写真を撮ることについては、思うように動けなくなって苦しんではいました。
撮影に大きな交通費はかけられないのですが、富士山が紅葉で染まる姿を撮りたくて、
高速道路を使って、富士山の五合目にある奥庭というところに出かけてきました。

下界からは富士山は見えなくて、またダメかと思いましたが、標高2000mを越える五合目に着くと、
見事に晴れ渡っており、富士山は雲海の上にありました。
やがて、日暮れと共に沈みかけた夕日が富士山を照らすと、山肌と紅葉した木々が真っ赤に染まりました。
久しぶりのシャッターチャンスに寒さも忘れてシャッターを切り続けました。


インスタグラム始めました^^!
ここをクリックしてください^^!



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

秋ならではの赤富士ですね!今年は天気が厳しく、私も思うような1枚がなかなか撮れません。その中でいい色合いの富士山を撮影なされているところがさすがです。そろそろ台風余波も収まりそうなので、山本さんのような素晴らしい1枚を目指しに出かけようと思います。

おはようございます

まずは台風の被害が無くて良かったです。
今回、東日本は大変でしたからね~~~

おお、撮り立ての富士山の画、お待ちしていました^^
素晴らしいですね~~~~
青空、冠雪、紅葉・・・三段紅葉ですね!
夕日を浴びた富士山が紅富士になり、冠雪と相俟って
何とも見応えのある作品ですね。
高知でも山の方ではそろそろ紅葉の便りが聞こえてきますが
僕達は山には上れません(^^;
下界に降りてくるのを待っていますw

体調にはくれぐれも気をつけて
また、素晴らしい作品を見せてくださいね^^

MTさん^^!


こんにちは、MTさん。

ずっと更新できなかったこのブログに、こまめにいらしてくださって、本当にありがとうございます。

8月の北岳以来の写真となりました。
撮影に出かけても、あちこちの林道がほとんど閉鎖されていたり、
こちらから向かう道も土砂崩れなどで閉鎖されていたりと、なかなか思うようには撮らせてもらえずにいました。
私などは、道志道が閉鎖されてしまうと痛いですね。
富士五湖に出られなくなってしまいますから。

それでも、こうして、富士山の五合目まで登れば、さすがは富士山、頭を雲の上に出していました。
紅葉と降雪にもタイミングを合わせられて、きれいな秋の赤富士が撮れました。
MTさんも素晴らしいチャンスにめぐり会えますように。

いつもご親切にしていただいて、ありがとうございます^^。
SONYのカメラも調子いいです!

土佐けんさん、助手さん^^!


こんにちは、土佐けんさん、助手さん^^。
お返事が遅くなって、申し訳ありません。
いろいろご心配をおかけしました。

そして、長い間、更新していなかった間も度々いらしてくださって、本当にありがとうございます。

昨年は西日本、今年は東日本が大変なことになりましたね。
毎年、日本は大きな水害が起きるようになっていますね。
あちこちの道路が崩れて、たまたま通った現場を見ると怖いと思いました。
それに加えて、チャンスをことごとく逃していたので、落ち込んでもいました(笑)。

それだけに、今回の紅葉富士が撮れたのは嬉しかったです。
土佐けんさんい言われて気がつきました。三段染めですよね!?
北アルプスの剣岳で紅葉と雪と青空で、そういう言い方をしているのを聞いたことがあります。

こんな身近な富士山で、三段染めの写真が撮れるなんて、うれしい限りです。
また来年もチャレンジしてみたいです。

長きにわたってご親切にしていただいて、ありがとうございます^^。

プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿