FC2ブログ

「今日の一枚(撮れたて)!」

「富士と語らう」 山中湖

「富士と対話する」 山中湖   Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED

相変わらずの久しぶりの更新になってしまいました。
何度もお越しくださった方や、拍手コメントをくださった方には、大変申し訳なく思っています。
そして、ありがとうございます。

写真展とコラボ・コンサートが無事に終わってからも、関係者の方々へのご挨拶など、慌ただしく過ごしていました。
しばらくは虚脱感で撮影に出ることも出来ずにいましたが、この日曜日にやっと山中湖へ出かけてきました。
いつもの湖畔に出ると、そこには富士山が変わらない姿を見せてくれました。

日暮れ時が迫るとともに、やがて、富士の山頂に笠雲が現れました。
そして、雲がにわかに色づいたのです。彩雲です。初めて見る笠雲の彩雲に心も踊りました。
笠雲や彩雲が現れたり消えたりを繰り返して、それを撮っていると、まるで、自分と富士山が対話しているような気持になりました。

これからも、まだ見ぬ富士の姿を、いつまでも追い続けていきたいと、心を新たにした初冬の夕暮れでした。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

お久しぶりです^^
ゆっくり休んでおられるのかな、と思っていたら、
ご挨拶などでお忙しかったんですね。
ゆっくり休む暇がありませんね~
夕景ですか!
彩雲と富士、又、美しい様子を見せていただき
助手共々感動しています!
雲の動きが手に取るように見えます^^
SS、少し遅めなんでしょうか?
教えて頂けたら、勉強になります。
これからどんどん寒くなります。
富士山は更に美しくなると思いますが
撮影には十分気をつけてくださいね。
体が資本ですから!

No title

こんばんは!
しばらく更新が停まっていましたので心配しておりましたが、
お元気で活動されておられたようで安心しました。

久々のアップの写真も素晴らしい夕景の富士山ですね~
美しい笠雲と彩雲も逃がさずキャッチされていて、
流石に、ひと味もふた味も違う素敵な描写に感動です。

私も、最近は富士山を撮りに行く機会が増えていますので、
今後の撮影に大変勉強になりま~す!!
有難うございました。

No title

山本さん、こんばんは。
写真展を終えられ、そしてまた撮影に行けるようになったとのこと、良かったですね^^
この傘雲の黒さはまるで生きているかのようでとても目を引きます。
おどろおどろしい感じさえしますが、彩雲の光に希望も見えます。
見れば見るほど奥深さを感じて、また、そんな光景に出会うのも、
こんなに怪しく撮れてしまう山本さんもすごいです!
富士山との対話は楽しめたようですね(笑)

同じくこの週末には我が家からはダイヤモンド富士が見えていましたが、
同じ日とは思えないほど違った姿をしていたので驚いています。
富士山て・・・やっぱりすごい。

土佐けんさん^^!


こんばんは、土佐けんさん^^!
すっかりご無沙汰して、お返事も遅くなって、すみませんでした。
慌ただしく、やっておりました。

この記事をアップして、ほんの数分でコメントをくださったことにも感謝しています。
いつも、本当にありがとうございます。
土佐けんさんの方こそ、お加減いかがですか?お腹はもう大丈夫でしょうか?

この写真、助手さんと喜んでいただけて、うれしいです^^!
個展明け初の撮影だったのと、こんな富士の写真が撮りたかったので、うれしかったです。
お尋ねのシャッタースピードですが、私は技術的なことは、情けないくらい疎いのです(^^;。
最初「SS」という表記の意味さえわかりませんでした(笑)。

私の場合、富士山の撮影で気をつけているのは、逆光でのゴーストやフレアです。
Nikonのレンズは、ズームだからだとは思いますが、あまり強くないような気がしています。
ですので、この写真の撮影でも、逆光だったので、その場合の絞り値だけ気を使っています。
太陽がまともに入るときは16以上。シャッタースピードは、普段からオートで考えていません。
ただ、データを見たら1/350秒となっていました。

おそらく、雲の表情が、これだけの彩雲になるくらいなので、もともと繊細で豊かだったのだと思います。
たまに友人と撮影に出ると、その友人がシャッタースピードまで配慮しているのを見て勉強になったりします(笑)。

これからが冬本番、どんな富士山が撮れるのか、今からワクワクしています。
もっと彩雲の富士山を撮りたいですが、果たして撮れるか、がんばりたいです^^。
土佐けんさんも、お身体をお大事にされて、素敵な作品を撮ってくださいね。

いつも本当にありがとうございます。

ビューポイント&ジャイロさん!


こんにちは、ビューポイント&ジャイロさん!
うれしいコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなって、すみませんでした。
そして、写真展にお越しくださって、あらためて、ありがとうございました。

しばらく雑用に追われ(私の事務処理能力が極端に低いのも原因ですが)、こうして、お返事を書くのも遅くなっています。
やっと撮影に出られました。もう一週間経つのですね。山中湖で写真仲間の集まりがあって出かけたのです。
解散後、せっかくここまで来たのですから、とりあえず湖畔に出てみようと出たのです。
薄曇りでこれはダメかなと思っていたら、にわかに笠雲が湧いて出てきましてね。
太陽が沈んでいくと同時に笠雲のあちこちが七色に染まり始めたのです。それこそ、憧れの富士山写真家の写真でしか見たことがなかった光景だったので、まさかの富士山からのプレゼントに大興奮しました!

ビューポイント&ジャイロさんも、最近、富士山の写真が多くなって、見ていて楽しいです!
河口湖の霧の中を、よく上に上りましたね。見事な雲海富士でしたね。あれは感動しますよね^^。
二十曲峠に丸山林道、どれも素晴らしいです!もうすっかり富士山写真家ですね!
何かお役に立てることがあったら、お気軽にお問い合わせください。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします^^!






葉月さん^^!


こんばんは、葉月さん。
いつもうれしいメッセージをありがとうございます。
にもかかわらず、こんなにもお返事が遅くなって、ごめんなさい。

しばらくは虚脱感でいっぱいでしたが、お礼やご挨拶まわりがあったにせよ、
我ながら自分の事務処理能力の低さには自己嫌悪になります。本当に。

この彩雲の笠雲も、撮影そのものが目的だったのではなく、所属する会の会合に出かけるついでに撮れたものでした。
でも、個展が終わって、自分にどんな富士山が見えるか、それは楽しみだったので、山中湖の湖畔に出かけてみました。
でも、不思議なものです。富士山は、以前と何も変わりませんでした(笑)。

でも、写真展を僕が頑張ったからなのか(自画自賛(笑))、とても素敵なご褒美をくれましてね。
それがこの彩雲笠です。ずっと撮りたいとおもっていたので、うれしかったですね。
変化していく彩雲に笠雲。本当に富士山と対話しているような気持ちになりました。
日が暮れて真っ暗になっても笠雲は出ては消えを繰り返し。湖畔を立ち去りがたい気持ちでした。

葉月さんのおっやるとおり、富士山って、やっぱり、すごいですね!
希望の彩雲、これを吉兆とみて、これからも富士のまだ見ぬ姿を追い続けて行きたいです。

いつもご親切にしてくださって、ありがとうございます^^。



プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿