「今日の一枚!」

3000mの夜景 (南アルプス 観音岳)
「3000mの夜景」 南アルプス観音岳   Canon EOS 5D MarkⅡ  EF 24-105mm F4 L


ずいぶん久しぶりの更新になってしまってしまいました。
その間、毎日のように訪ねてくださった方々には、大変申し訳なく思っています。
この間、写真関係のお仕事が、雪崩を打ったように一気に押し寄せて、徹夜する日も続いたほどでした。

今の段階では、某製薬会社さんの来年のカレンダーの奇数月で写真が採用されたことをお伝えさせていただきます。
完成品が届いたら、また、ここでアップして、ご紹介させていただきます。

他にもいろいろありますが、それはまた追って、お話させていただけたらと思いますので、もうしばらくお待ちください。

写真は2012年7月18日に撮った、南アルプス観音岳からの富士山です。標高2850m。3000mには少し足りませんが、
それでも、この高さから見る甲府盆地の夜景は素晴らしいものがありました。夏に雲海に埋まらずに撮れたのは珍しいこと。
そして、この日の朝は、今まで見た中で最高の燃えるような朝焼けになったのです。
いずれ、その写真もアップしたいと思っています。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

仕事がお忙しかったんですね。
更新をお待ちしていました^^
某製薬会社のカレンダーですか!
どんなカレンダーなんだろう?
素晴らしいんでしょうね~~
重い機材を持って登山しての撮影、
頭が下がります。
富士山が美しいのはいつもですが
甲府盆地の夜景の美しさにも感動します^^
僕達は富士山の撮影はあまりしたことがないのですが
高ポッチから見た諏訪湖の夜景と共に見た富士山の
美しさを思い出します^^
燃えるような朝焼けに出会えたとのこと、
その画も楽しみにしていますよ~~

土佐けんさん^^!


こんばんは、土佐けんさん^^。

長らくのご無沙汰にもかかわらず、いの一番でコメントをくださいまして、ありがとうございます!
とてもうれしいです!

いや、珍しいくらい忙しかったですね(笑)。いろいろ重なってしまったんですね。生きてるとよくありますよね(笑)。
追ってお伝えさせていただきますので、もう少しお待ちください。

カレンダーは、一年全部ではなく、他の写真家さんと二人で担当することになりました。
奇数月が私で、偶数月がもう一人の方です。作風があまりにちがうので、自分でも驚きました。
かかりつけのお医者さんにお願いすれば、もらえるかもしれません。また時期が来たらお知らせしますね。

この写真を撮った時はがんばりました(笑)。
大判のフィルムカメラとデジタルカメラの2台を担いで、10時間の山登りでしたからね。
ちょっと柔らかめの登山靴がへたってしまいました。
台風が九州沖に近づいてきていて、荒れる前になる可能背の高い大焼け狙いでした。
いずれ、その写真もアップさせていただきますので、もう少しお待ちくださいね。

いつもご親切にしてくだって、本当にありがとうございます。
お蔭さまで、この小さなブログもにぎわっております^^。




山本 耕作 様

手前険しい山肌
彼方に見える富士山
その間から見える銀河の世界感
宇宙にある星の中の住人が地球を見たとしたら・・・
お写真のごとく見える煌めきではないかと思っています
いいえ・・・・
必ず見ています
撮影者の富士山への愛情
お写真へのたゆまぬご努力
この上ない美麗なる光景
お写真にある光景を見ていると私は確信しています
宇宙中に住む人々全てが感動していることを信じて疑いません

りらさん^^!


りらさん、こんにちは!

おとといの夜から、強行軍で撮影に出ていましてね、やっと帰ってきました。

今回も素敵な詩をありがとうございます。
何度も読み返させていただきました。

手前に見える尖った山は薬師岳(2780m)といいます。
その奥を下ったところに山小屋があって、そこから夜中にこの写真の撮影地である観音岳に登ります。
険しく見えるのは、山肌が砂地で、かすかな光も反射しているからなんです。

「宇宙にある星の中の住人が地球を、、」素敵ですね!
そんなこと考えもしませんでした。でも、たしかに、この高さから眺める富士の夜景は素晴らしかったです。
しかも、天気が荒れる予兆である笠雲が富士山に纏わりついていることからもわかるように、
この日の夕方には台風の雲がかかって、大雨が降ってくるのです。

私はぎりぎりのタイミングで下山することができました。
りらさんがおっしゃってくださったように、これからも、たゆまぬ努力を続けていきたいです。
富士は、必ず、その努力に応えてくださいますからね。

いつも、素晴らしい詩を、本当にありがとうございます^^。





No title

山本さん。コメントをいただきありがとうございました。
返事が遅れてすみませんでした。また書いてある様子から周辺が写真で活気づいてきた様子がよく分かります。よかったですね。忙しかったり,様々なことで何かと大変だと思いますが,遠くから応援しております。どうかがんばって下さい。成功をお祈りいたします。

nitta245さん^^。


こんにちは、nittaさん。

わざわざお返事をありがとうございます!
ぜんぜん遅くなんかありませんので、お気にされずにいてください。

お蔭さまで、楽しくやらせていただいております!
思うようにいかなかったり、悔しい思いをすることもありますが、それでも、やっぱり、楽しいですね。

根幹は、一枚の写真が、まるで自分の意志を持っているかのように動いて行っています。
不思議な体験をさせていただいています。
もう少ししたら、詳細をお伝えできるかと思います。

いつもご親切にしてくだって、ありがとうございます!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします^^。
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿