「今日の一枚!」

風薫る棚田富士 (山梨県 富士川町)

「風薫る棚田」 山梨県 富士川町   Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED  PL

この写真は、前回のツツジの写真を撮った時と同じ日に撮ったものだ。
厳しい撮影登山を終えたあと、棚田を見下ろすことができるほど近い小高い丘に向かった。

すっかり稲が伸びた田んぼが、新緑に染まってきれいだった。
背後には、富士山が雲をなびかせて悠然と聳えていた。通り抜ける風が心地よい穏やかな昼下がりだった。
来年は、水をはったばかりの時に来てみよう。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

あ、更新されている! と喜ぶ僕と助手です^^
僕達、棚田も大好きなんですよね~~
棚田と富士、良いですね~~~
棚田に植えられた稲の緑が目に沁みます^^
背後で稲の生育を見守る富士山^^
やはり日本一の山ですわ!
水を張られたばかりの時はどんな情景なんだろう?
来年が楽しみです^^

土佐けんさん^^!


こんばんは、土佐けんさん^^。

今回も、いの一番にありがとうございます!
しかも、助手さんとよろこんでいただけているという至福のお言葉が最高にうれしいです^^。

土佐けんさんも棚田がお好きなんですね。
富士山と棚田が撮れる場所って、そんなにというか、私は、ここぐらいしか知らないのです。
今年は出遅れましたが、ここに水を張ったばかりだと、逆さ富士や星が映りこまないかと期待しているのです。

伸び始めた鮮やかな緑の稲に、土佐けんさんがおっしゃるとおり、背後から富士山が見守ってくれていますものね。
きつい山登りのあととうこともあって、心癒される、まさに日本の原風景でした。

来年を、どうぞお楽しみに^^!撮れるようにがんばりますね!

山本 耕作 様


幾何学模様の棚田
その緑の色調は単一ではなくそれぞれ緑の色合いが異なっていますね
棚田の下方に赤や黄色の花が咲いていますね
緑の中にあるその赤と黄色は棚田の緑をより鮮やかに引き立たせています
その棚田が見上げるのは 世界遺産ですね
富士山がまるで左手に山頂から雲をたなびかせているかのごとくに見えます
グリーンが広がる田園の光景の中に佇む富士山は爽やかですね
撮影時の撮影者の心も爽やかだったことであろうことが・・・
お写真から理解に及びます

りらさん^^!


おはようございます、りらさん^^。

今回も素敵なコメントをありがとうございます。
私の拙い写真に、どれほど鮮やかな色彩を与えてくれていることでしょう。

田んぼに植えられた苗はどれも同じはずなのに、色が微妙にちがうのは、私も不思議に感じていました。
おそらくですが、苗を見ている場所からだと、それぞれの田んぼに植えられている苗の線の方向がことなるために、
光の当たる角度とその反射がことなって、それがさまざまな緑を生み出してくれたいたのではないかと。

そして、それが、お花畑の鮮やかな色彩と相まって、これまた見事な味わいを出してくれていますよね。
うしろには悠然とそびえる富士が、これから伸びて稲になっていくすべての時間と農作業を見守っていくのでしょうね。

朝が厳しい山登りだっただけに、この穏やかな富士の景色には、心から癒される思いでした。
富士にかかっている雲も名わき役となって「薫風」という言葉がふさわしいような、気持ちの良い風が吹き抜けていたのを、
今でもはっきりと覚えています。本当に、富士山にはいろんな表情がありますね。

これからも、まだ見ぬ富士の姿を追い続けて、皆さんにお届けしていきたいです。
りらさん、いつもありがとうございます。
お体の方、くれぐれもお大事にされてくださいね。

No title

さわやか~(*^-^*)
緑がとってもきれい!!
棚田を前景にした富士山、初めて見ました!
まさに日本が誇れる風景ですね!
すがすがしい気持ちになるお写真ですね~~

Mikitieさん^^。


こんにちは、Mikitieさん。

今回もうれしいコメントをありがとうございます^^。

爽やかな富士山の景色でした。
たしかに、棚田と富士山の景色は私もここ以外では見たことはありませんね。
夜中の登山が厳しかっただけに、この早苗の新緑の風景は気持ちのいいものでした。

来年は水を張ったばかりの時に行って、この田んぼに星を映して撮ってみたいものです。
富士山の世界は奥が深くて、おもしろいので、まだまだ頑張りますよ!

いつもご親切にしてくだって、ありがとうございます。



プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿