「今日の一枚!(撮れたて)」

ヤマツツジに朝日射す (山梨県 富士川町)

「ヤマツツジに朝日射す」 山梨県 富士川町  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED  

一ヶ月ぶりの更新となってしまった。
今回は長年憧れていた光景をやっと撮ることができた。ヤマツツジと富士山の絶景だ。

真夜中に山梨県の林道を車で上る。終点に着くと天の川が頭上に見事なアーチを描いていた。
撮影ポイントまでは、ここから車両が進入できない道のため、登山道の入り口まで歩いていかなくてはならなかった。
真夜中の林道を歩くこと数キロ。今にも何か動物が出てきそうな雰囲気の山深い林道だ。
北岳で熊に遭遇して以来、やはり、熊の出現がこわい。やっと登山道入口に着くと、ここから急登を一気に駆け上がる。

三ツ峠以来の山登りに息も上がる。しかも、ここは傾斜が急できつい。
息せき切って稜線まで駆け上がると、樹林の彼方に富士の姿が見えた。今日はいいぞ!と胸が高鳴る。

頂上まで登りつめると、ポイントには大きなヤマツツジが富士の方を向いてきれいに咲いてた。
ここは山奥深い、まるで陸の孤島だ。切れた息を整える暇もなくカメラをセットし、日の出を待つ。
やがて東の空から太陽が昇り、その光がヤマツツジに射し込んだ。
美しい!この絶景を見ることができた、そして、撮ることができた幸運に感謝しながら、シャッターを切った。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

山本 耕作 様


ヤマツツジは富士山に恋しているのでしょうね
一年の限られた季節のみに自分の一番美しい姿を見せることが出来るのです
枝を背一杯 恋する富士山へと伸ばし・・・・
開花した花を富士山の瞳に映るように努力の限りを尽くしているのでしょうね
一枝の先でも富士山に届いて欲しいとお写真を拝見させて思う程です
花弁の一片でも富士山に散って欲しいと思う程でもあります

山本 耕作様の富士山への愛と同じではないでしょうか
一枚の写真が語るべきものは多く・・・
まるで一冊の本を紐解くがごとくに感じました
感激しました この光景に出逢うまでのご苦労を想う時
自然の偉大さに感謝する共に撮影者の心写真に感動しました

こんばんは

久しぶりの更新、助手共々首を長くしてお待ちしていましたよ^^
いつもながら見事な写真ですね~~~
手前のヤマツツジの綺麗な事!
光を浴びて一段と輝いていますね^^
その奥には富士山の雄姿! 感動ものです!
ただ、この画を撮るには大変な苦労を払わないと
いけないんですね~~
真夜中に急勾配の林道を駆け上がっていく・・・
考えただけでもぞっとします(^^;
くれぐれも注意してくださいね。
怪我の無いように、してください。
今日もすばらしい写真をありがとうございます!

りらさん^^!


こんにちは、りらさん。
戻ってこられてから体調はいかがでしょうか。

今回も真っ先に素敵なコメントをありがとうございます!
何度も何度も読み返させていただきました。

りらさんのおっしゃるとおり、ツツジの花の盛りは二、三日ほどなんですよね。
そして、天然のヤマツツジは山奥深いところに生えていて、またその年ごとに咲き具合もちがってきます。
実際、私もツツジと富士山の写真はほとんど撮れていません(努力不足もありますが(笑))。
そのような中で、これだけ素晴らしいツツジと富士の絶景コラボが見れたのですから、
そこにたどり着くまでの行程は、きつくて怖いの連続でしたが、本当にラッキーだと思っています。

そして、このツツジの花は、富士山の方に向かって枝を伸ばしているのです。
大自然はすごいと思いました。私は決して体が強い方ではなく、むしろ弱いのですが、
こんな富士山の絶景が見たくて、無茶な山登りを繰り返しています(笑)。
でも、その感動をこうして、みなさんと分かち合えることで、その感動は何倍にもなりますよね!

りらさんの言葉を読むと、撮影の苦労が全て報われ、感動も倍になるような思いです。

本当にありがとうございます^^!


土佐けんさん^^!


こんにちは、土佐けんさん。

すっかりご無沙汰してしまって、すみませんでした。
前回の撮影から一ヶ月経ってしまいましたね(^^;

いつもご親切にしてくだって、ありがとうございます。
ツツジは花のきれいな時間が短いのと、山奥に入らないといけないので、なかなか撮れずにいました。
ここのツツジは見事です。なんでも、もとは猟師さんが狩りで山を歩いてる時に偶然見つけた景色だとか。
山奥の風景はそういうところが多いのかも知れませんね。

林道を歩いてる時はもちろん、山道を登っている時も、暗闇の中から今にも熊が出てきそうで、本当にこわかったです。
ポイントに着いてからも1時間以上息が落ち着きませんでした。
ただ、この景色を目の前にしたら、自分の息が上がってるのも疲れているのも忘れて、無心でシャッターを切っていました。
この景色を土佐けんさんにもご覧になっていただけて、私もうれしいです!


これからは山の季節なので、どんどん入っていこうと思っています。
いろいろご心配もありがとうございます。はい、気をつけてますね^^!



No title

すごいですね~。

もうその言葉しか思いつきません。

なんだか、私まで、わくわくさせていただきました。

クマさんに会わずによかったです^^。
先日はうっかり,試飲をお勧めするの忘れちゃって・・・・
次回はぜひ!

なんか私も打ち込めるものが見つかったらいいな。

みゆここさん^^!


こんばんは、みゆここさん。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

うれしいコメントをありがとうございます。
よろこんでいただけて、撮影の苦労も報われます。

長いこと富士山を撮っていますが、これだけの美しい花の富士山の風景はないですよね。
これを見ることができて、撮れたことが、本当に幸運だと思います。
クマは、あちこちで目撃情報が出ていますので、やはり、怖いですよね。
気を付けていきたいです。

試飲のこと、気にされてくださっていたんですね。
いやいや、まるでそれが目当てでお店にうかがってるみたいで、かえって申し訳ないです(笑)!
どうか、これからはお気にされずにいてください^^。

何か打ち込めるもの、みゆここさん、探し中ですか?
夢中になれるものがあるというのは、たしかに、幸せなことですよね。
見つかりますように!

これからもよろしくお願いいたします^^!




プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿