「今日の一枚!(撮れたて)」

満月照 (富士宮市)

「満月に照らされて」 富士宮市  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED   F11 30秒 ISO1250 


満月を待って、撮影に出た。今回のテーマは「満月と滝と富士」だ。
富士山があまりに大きいためか、富士山と滝が一緒に撮れる場所は意外と少ない。
真夜中、まず着いたのは、富士山の西側にある白糸の滝だった。あまりに有名なポイントであるにもかかわらず、
富士山を撮って20年目にして初めて来た。いずれ、その写真もアップしたい。

この写真は、白糸の滝を撮った後、少し南へ移動したところにある名もなき小さな滝で撮ったものだ。
満月の光が新雪をいただいた富士を煌々と照らす。富士の湧水が流れ込むこの滝も、やはり、月の光を受けてきらめいていた。

暗い中でのピント合わせと被写界深度を稼ぐために絞り込んだため露出の選択が難しかったが、
試行錯誤を繰り返しながら、どうにか撮ることができた。月明かりの富士を時間を忘れて夜通し楽しんだ。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

山本 耕作 様


富士の山頂から流れいく小さなそれは森林の中を駆け抜け
やがてお写真のごとくその流れを偉大なものとしていくのでしょう
一枚のお写真にて水の一生を表現されています
壮大な物語をも感じることが出来ます
月光の下にある光景は季節や気候や時間帯によってその姿を変化します
絶好の機会を得るには相当のご準備また計画が必要だったことでしょう
それも満月をも待っての撮影・・いつもながらその富士山への愛情を感じます
富士山が見守るがごとく 富士山自体からなる湧水が流れ込む滝
幻想的な雰囲気をも漂わせて華麗なる美 描写されています
今宵も感動を有難う御座います


こんばんは

更新をお待ちしていました^^
ブログを開いた途端、助手と二人で、「美しい!!」と声を揃えてしまいました!
月明かりの中の富士と滝なんですね^^
色んなところで富士山の画は見ますが、この構図は初めて見た気がします。
素晴らしいですね~~~
滝の流れ、富士の雄姿、何とも言えず、心に染み渡ります^^
今日も素晴らしい富士の画を見せて頂き、ありがとうございます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りらさん^^!

こんばんは、りらさん。

寒い日が続いていますけど、お元気ですか?
年始早々いろんなトラブルが続いて大変でしたね。「唖然 呆然…」の言葉が、つい笑いを誘ってしまって。
いえいえ、人が大変な時に何を言ってるんですか!って怒られそうですが。
無事に乗り越えられて、何よりです。

そして、今回も一番に素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます。
何度も何度も、読み返させていただきました。
この写真にそのまま添えさせていただきたいと、いつものように思いました。
気づきませんでした。富士山に降りそそぐ水の一生の物語を写真にしていたんですね。

今回の撮影は、満月の光が、それはそれは強くてきれいな夜でした。
せっかくだから、この月の光を活かしたいと思いましてね。
闇夜に新雪をかぶった富士がものすごい威厳を保ちながら照らされていました。
ここ以外にももう一ヶ所、こっちは有名ポイントにも行ったので、近いうちにアップしますね!

富士山と水の素敵な物語を、ありがとうございました^^。

土佐けんさん^^!


こんばんは、土佐けんさん!

今回もうれしいコメントをありがとうございます!
「助手さんと二人で、、、」は、私には殺し文句のようなものでしてね(笑)。うれしいです!

今回は満月を待っての出撃でした。滝と富士山のコラボって意外と少ないですよね。
組み合わせにくいのかもしれませんね。この滝は、知る人ぞ知る名もなき滝でしてね。私も今回、初めて訪れてみました。
小さな滝ですが、川の流れの横から伏流水のように水があふれ出てきてなかなか素敵なところでした。

手前から奥までピントが欲しかったので、絞り込んで何分もバルブをかけたり試行錯誤を繰り返しましたが、
結局、後半戦は月が傾いて川の奥まで月の光が届かなくなってしまったので、最初の方に撮った写真を選びました。
背中から順光で富士山が照らされていたので、新雪とあいまって、よけいに明るく写りましたね。

白糸の滝にも行ってきたので、次回はそれをアップしますね。だから、あまり間が空かないようにします(笑)。

いつもご親切にコメントをありがとうございます。撮影の大きな励みになっています^^!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

これが満月の光なんですね。驚きました。特に光と影のコントラストが大きくなるはずですが全然違和感がありませんね。素晴らしいです。そしてこんな素晴らしい滝がまだ名もなき滝であることにびっくりです。私も月の光で撮ったりしますが,月の光をよく感じて撮っていなかったと反省しきりです。少し考えてもう一度私も夜の写真を見直していきたいと思いました。勉強させていただきました。ありがとうございました。

nitta245さん!

こんにちは、nittaさん。

こちら関東地方は風の強い荒れたお天気です。
今年はこのような風の強い日が多いような気がします。

今回ももったいないコメントをいただきまして、ありがとうございます。
星空写真のエキスパートのnittaさんからこのように仰っていただくと、身の置き場に困ってしまいます。

この日の満月は、風が強かったこともあってか、澄みきった空気の中、冴え冴えしいばかりに、富士が真っ白に聳えていました。
滝は小さな川の、ほんの一部分から水が湧き出るようにでていて、水の流れも真上からの月光に照らされて本当にきれいでした。

写真としては、絞り込まなければ感度がISO400でも十分に行けるところでしたが、被写界深度を得るために絞り込まなくてはならず、かと言って、星が中途半端に流れるのも絵としては締まりがない気がします。f11とISO1250はぎりぎりの選択でした。

お礼なんてもったいない限りです。勉強させていただいているのは私の方です。カシオペアの窓をひとつひとつ夜空の中にはっきり出しながら撮られるのは、nittaさんならではの本当に素晴らしい作品だけです。

筆無精でいろいろ失礼もあるかと思いますが、これからも、どうぞよろしくお願いいたします^^。
うれしいコメントをありがとうございました!
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿