「今日の一枚!(撮れたて)」

イルミネーションの彼方に (稲村ケ崎)

「イルミネーションの彼方に」  稲村ケ崎  
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR  F8 15秒 ISO400 

江の島のイルミネーションと富士山を絡めた写真が撮りたいと思い立ち、夕方から急ぎ稲村ケ崎に向かう。
海岸道路に出てみると予想外の強風で海は荒れていた。富士山の方向を見やると山頂付近には雲がまとわりついていた。
このように冬型が強い時、富士山はいつもシャンプーしてしまう。

日が沈めば、富士山にまとわりついた雲も取れるだろうとしばらく待機する。
完全に陽が沈んで、あたりが暗くなっていったころから予想通り、雲が取れてきた。
海を渡る西風がまともに当たり、三脚を揺らすほどだ。

いつものごとく、気がつくと真っ暗になって誰もいなくなっていた。
その時、暗闇の中で、江の島のイルミネーションの輝きが、いっそう強く目に入ってきた。
風が強いぶん、海は波しぶきで、海面に素晴らしい絵を描いてくれている。そして、後には富士が悠然と聳えている。
海沿いを走る車の光跡も湘南の景色らしく、ほどよいアクセントになったと思う。
感動のなか一人シャッターを切る。こんな富士もあっていい。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

更新、お待ちしていました^^
今日は稲村ヶ崎からの富士なんですね^^
スローで撮られた波の美しさ、素晴らしいです!
江ノ島はライトアップされ、輝いていますね~
海岸線を走る車の光跡も良い演出だと思います^^
やはり富士山は何を絡めても最高な被写体ですね~~
今日も感動を頂き、感謝しています^^

土佐けんさん^^

こんばんは、土佐けんさん!

今回も早速のコメントをありがとうございます。

はい、突然思い立って、稲村ケ崎に飛んで行きました(笑)。
ちょうどこの時期だけ、江の島ではイルミネーションがいつもより盛大に点灯してるんですね。
そのことを思い出して、そのイルミネーションと富士山が撮れたらきれいなんじゃないかと思いましてね。

でも、風が強かったです。波も荒くて海は荒れていました。三脚が揺れて、ほとんどの写真がブレていました。
チャンスは、完全に陽が暮れてマジックアワーも終わってからでした。
誰もいなくなった海岸で、ひときわ明るいイルミネーションとうっすら見えている富士山のシルエットの対比がとてもきれいでした。

本当に、富士山にはどんなものでも似合いますよね^^。
いつもうれしいコメントをありがとうございます^^!


No title

今日お話を聞いてさっそく、検索してみました。
なんてすばらしい!すてきです。

きれいですね。こんな私がコメントするのもお恥ずかしいですが・・・

すてきです。癒されました。

ありがとうございます。

山本 耕作 様


今季 江の島イルミネーション テーマ 湘南の宝石
江の島シーキャンドルから360度の範囲に吊るされるイルミネーション
その輝きが左手に顕著に描写されています
右手には凛とした富士山・・・・
湘南の宝石は江の島シーキャンドルイルミネーションだけではなく
富士山の美麗なる容姿も日本が世界に誇る宝石なのだとお写真は伝えています
国道134号入れ込み構図も素敵です 撮影地が稲村ケ崎だとよく理解に及びます
稲村ケ崎の波打ち際が国道134号沿いの明かりによって綺麗な色調に彩れています
隅々まで見過ごすことが出来ない素晴らしい湘南の夜間の光景です
今回のお写真 近代的な明かり それも多彩な明かり 
富士山との華麗なる競演となりましたね
今宵 極上のワインに酔わせて頂いた気分です
有難う御座います

みゆここさん^^。


こんにちは、みゆここさん^^。

早速、当サイトにおいでくださいまして、ありがとうございます。

よろこんでいただけて、うれしいです。
自然が相手なので、なかなか思うように撮らせてはもらえませんが、
これからも、まだ見ぬ富士の美しさを求めて、どんどん撮影に出たいと思っています。

いつもご親切にしてくださって、本当にありがとうございます!

また近いうちにお目にかかれるのを楽しみにしていますね!


りらさん^^!


こんにちは、りらさん!

今回もとてもうれしいコメントをありがとうございます。

あの江の島の塔が「シーキャンドル」という名前だということ。
そして、冬のあのイルミネーションが「湘南の宝石」というテーマだったこと、どれも初めて知りました。
さすがですね!

このシーキャンドル、最後に撮影したのは、なんとこの塔が建て替えられた年の冬でしてね。
そう思うと10年以上前だったんですね。
冬季限定だと思ったので、今がチャンスとばかりに出かけて行きました。

海は冬型の気圧配置で、ものすごい強風が吹き荒れて、波も高かったです。富士山にも雲がまとわりついて離れませんでした。
それはそれでいいのですが、何かちがった表現がしたくて、しばらく様子を見ていました。
強風が吹き荒れる中撮影を始めましたが、三脚も揺らされて、ほとんどの写真がブレてしまい、思うよう撮れずにいました。
いたずらに時間だけが過ぎて、気がつくと真っ暗になって、あたりには誰もいませんでした。

でも、その時、江の島のシーキャンドルが、一層の輝きを放って現れたのです。
富士もまとわりついていた雲が取れて、暗闇のなかでいっそう存在感を増していました。今がチャンスだと思いました。
湘南の写真ですから、りらさんのお眼がねにかなうものでなくてはいけませんしね(笑)。

できれば、富士山の右下の雲がない方がよかったと思うので、もう一度、近いうちにリベンジに行きたいですね。

いつも、私の写真に、新たな息吹を吹き込んでくださって、ありがとうございます。
まだまだ寒い日が続きますので、くれぐれもご自愛ください^^。お元気で!

No title

いつもながらきれいです。特に波打ち際の色合いのきれいなこと,明るすぎても,暗すぎてもいけませんね。やっぱりこれぐらいの明るさがとても色が引き立ちますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

nitta245さん^^。

こんにちは、nittaさん^^。

いつもうれしいコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなって、申し訳ありません。

光の加減が難しい日でした。マジックアワーで狙いたかったのですが、強い冬型の気圧配置で風が強く海は大荒れ。
三脚が揺れて、まともに撮影できる状況ではありませんでした。

ただ、もっと重い三脚も持参していたので、これからは普段使う三脚をもう一回り大きなものを使おうと思いました。
基本的なことかも知れませんが、暗い時間帯に撮影できるデジタルカメラだからこそ、フィルムの時代以上にブレに気をつけなくてはいけないということを学びました。

何かをきっかけに基本に戻れることはうれしいことですね。
それにしても、ひと雪欲しいところです。この冬は、寒いばかりで、富士山には雪が降りません。

nittaさんも、ご自愛くださいませ。いつもありがとうございます^^!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿