「今日の一枚!」

水鏡 (精進湖)

「水鏡」 精進湖  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED   F3.3 20秒 ISO1600 

ずいぶん久しぶりの更新となってしまった。
撮影に出られなかったのと、出ても思うような写真が撮れないでいた。

この写真は少し前に撮ったもの。
あてもなく精進湖にたどり着くと湖畔には誰もいない。
月明かりに照らされた富士だけが、湖面に鏡のように映しだされていた。

星の一粒まで湖面に映ることはめずらしい。それは、まさに水鏡。富士の前を流れる雲も美しかった。
真夜中の湖畔にただ一人、心穏やかに、そして、喜びを噛みしめながらシャッターを切った。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

山本 耕作様

天空にあるはずの星
それが湖にもあるかのようですね
湖水の中 煌めきは更にその美しさを確かなものとしています
日本が世界に誇る美麗なる頭上には雪で作った白い冠があります
その身体には雲のサッシュをしています
あまりの美しさに星さえ憧れることでしよう
それゆえ周りを自分の輝きで埋めたいのではと思う程です
静かな湖畔に心癒される思いで撮影者はこの光景に感謝を持って慎重にシャッター切ったことでしょうね
そのシャッター音の響きが私の心に響きます

こんばんは

随分、更新が無かったので心配していました。
アップされた画に僕も助手も息を飲んでいます。
逆さ富士の美しさを堪能させていただきました^^
いつもながら、富士の優美な写真をありがとうございます♪
星も写り込み、宇宙の広がりを感じます!
これからは冬富士ですよね^^
撮影は厳しくなると思いますが、無理をしない程度に
冬の美しい富士山を撮って見せてください。
いつかはご一緒したいと思います!
その時はよろしくお願いします^^

りらさん^^!

こんばんは、りらさん。

早速の素敵なコメントをありがとうございます。

この写真は、去年の3月、久しぶりに出た撮影でのひとコマです。
感覚が鈍って、どこに行っていいかもわからないまま、とりあえず、この精進湖に行ってみました。
迷うと、だいたい、ここに来るのです。

真夜中、湖畔に着いてみると、誰もいませんでした。
富士山が月明かりに照らされて、湖面には、逆さ富士と、たくさんの星がきれいに映っていました。
モチベーションが下がっている時だったので、この景色には感動し、そして、救われました。

富士山を撮ってると、自分にとって、そういう奇跡のような瞬間があるのです。
この冬も、富士とのそんな素敵な出合いがあるといいですね。


「聖夜の奇跡を信じたい」は実話でしょうか?
読み入ってしまいます。
椅子に立っているメガネの女性は、りらさん?
興味は尽きません(笑)。

いつもご親切にしてくださって、ありがとうございます^^。

土佐けんさん^^!

土佐けんさん、こんばんは^^。

今回も、あたたかいメッセージをありがとうございます。
ご心配をおかけして、すみませんでした。
長くやってるとモチベーションの維持も大変ですね(笑)。

これは、去年の春に撮ったんです。
静岡では桜が満開だからと出かけてみましたが、立ち寄った山梨側はまだ冬の景色でした。
どこに行けばいいのかわからなくなると、この精進湖に来てみるんです。

逆さ富士は、よく見ている方だと思いますが、この日の逆さ富士は見事でした。
富士山が月明かりに照らされていたのも、よかったですね。
この後、月が西の空に沈んだ瞬間、当たりが一段と真っ暗になって、天の川が現れたんです。
感動して、夢中でシャッターを切りました。

これから、冬ですね。富士山が一番きれいな季節です。
素晴らしい出合いを期待して、しっかり撮れるようになりますね。

はい、いつか、助手さんともども、お会いできるのを楽しみにしています^^。
その時には、いろいろご案内させてください。

いつもご親切にしてくださって、本当にありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントをいただき大変嬉しかったです。ありがとうございました。
私も実は両親が入院したり,施設に入ったりして思うように撮影できていません。今はそういう時期なんだなあと自分に言い聞かせています。そうした撮れない時間も自分にとっては次の写真への肥やしになるんだと,今までのことも思い返したりしています。山本さんの毎回のすばらしい作品に尊敬の思いを深めながら,なんとかやっています。

nitta245さん^^。

こんばんは、nittaさん。

わざわざお返事をありがとうございます。

そうだったんですね。大変なお時間を過ごされていたのですね。
長く撮ってると、いろいろなことが起きてきますよね。年齢とともに、その齢ならではのことが起きてきますね。

nittaさんのおっしゃるとおり、そんな時間が、次の写真への肥やしになると、私も信じています。
自分の写真を見直したり、次の作品へのイメージを膨らませたり。
それにしても、私はもっと撮らないといけないとは思いますけれど(笑)。

私の方こそ、nittaさんの奥深い作品と言葉に、深い深い薫陶をいただいております。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。いつもご親切にしてくださって、ありがとうございます。

お元気でいらしてください^^。



プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿