「今日の一枚!(撮れたて)」

「夏富士」 水ヶ塚

「夏富士」 静岡県 水ヶ塚 Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR  F8 1/125秒 ISO100 PLフィルター

ずいぶん久しぶりの投稿になってしまった。
7月28日に、関東地方で梅雨明け宣言が出されるまで、約三週間にわたって富士山が出て来なかったのである。富士山写真家は、富士山が出て来なければ何もできない。やっと出された梅雨明け宣言の日から、今日までずっと撮影に出ていた。

特に、梅雨明けの翌朝である29日の朝の撮影は、いつになく楽しい撮影となった。山中湖で夜明けを撮って、花の都公園へ。そこから、富士山のより夏らしい景色を求めて、江戸時代に大噴火を起こした宝永火口を望むことができる水ヶ塚へと向かった。現地に着いてみると、ご覧のとおりの荒々しい姿を現して待っていてくれた。ここからの富士は大迫力をもって迫ってくる。この大きな火口は、山頂の火口よりも大きいのだ。折しも雲が流れてきて、夏富士に色を添えてくれた。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

更新をお待ちしていました~~
夏富士ですね^^
雪をかぶった富士には優美で美しい、と言うイメージがありますが
夏富士は荒々しい火山、と言う表情を見せてくれますね。
宝永火口、この時の噴火は有名ですよね!
え? 山頂の火口より大きいんですか?
噴火の凄まじさを感じます。
雲が良い感じで流れていきますね^^
いつもながら素晴らしい画に感動しています!
夏富士って余り見たことが無かったので、これからも
楽しみにしています^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

土佐けんさん^^!

こんばんは、土佐けんさん!

今回も、早速のコメントをいただきまして、ありがとうございます!

更新が遅くなってしまって、ごめんなさいね。
28日の梅雨明け発表まで、ずっと富士山が見えなかったんです。今年は、結構、きつかったですね(笑)。

梅雨明けと同時に出撃!日曜日まで、ずっと富士山の近くで遊んでいました。
夜明けの赤富士、お花畑、天の川や、そして、この宝永火口。いろんな富士山を撮ってきました。

この宝永火口が撮れる水ヶ塚は、富士山の二合目くらいまで登っているので(車で行けます)、富士山が近い!
といいますか、富士山の中にいるような気分になれるだけでなく、この大きく口を開いた宝永火口が間の前に迫ってきて、
それはそれは迫力満点の富士山を見ることができるんです。私も、この日、久しぶりに行ったのですが、大感動でした!

夏だけでなく、冬もおススメの撮影ポイントです。土佐けんさんにも、ぜひ、訪れてほしいポイントですが、
冬は、富士山の周辺でも最も猛烈に雪が降るのポイントなので、ご注意されてください。

いろいろな夏の富士山が撮れたので、また近いうちにアップさせてくださいね。

土佐けんさん、いつもご親切にしてくださって、どうもありがとうございます^^!

山本 耕作様

夏色の富士山
前暈けは雲ですね
贅沢な程の景観ですね
雲の間から見える山肌の険しさ
それをお写真は如実に表現されています
大きな火口まで芸術的に表現されています
今回も見ごたえ充分でした
一際 険しい山肌と手前緑の対比
雲の白の繊細さ 感動しました

数日間に及ぶ撮影 暑い中 それはご苦労も多かったかと思いますがその甲斐がありましたね
素晴らしい自然美 届けて下さり有難う
私にとって最高の暑中見舞いとなりました

りらさん^^!

おはようございます、りらさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさいね。
またしばらく、富士山の撮影に出ていました。
富士山は、撮れなくなると、ずっと撮れなくなるので、撮れる時には集中して出かけます。
お天気が持てば、しばらくは撮影に出る日が多くなるので、お返事が遅れることが多くなると思いますが、お許しください。
しかも、今回は、久しぶりの登山だったので、全身が筋肉痛で疲れもなかなか取れずにいました(笑)。

今回も、うれしいコメントをありがとうございます。
この日の撮影は楽しかったですね。久しぶりに訪れたこの撮影地から望む富士は、りらさんのおっしゃるとおり、本当に贅沢な富士の眺めです。江戸時代に噴火した宝永火口が目の前に広がるため、迫力のある富士の景観を作り出しています。
荒々しい山肌と、生えている木々の一本一本まで、鮮明に見ることができます。でも、富士は気まぐれでしてね。
この写真を撮らせてくれたら、あっという間に雲の中に隠れて、その後は出てくることはありませんでした。
一期一会の素晴らしい富士の姿でした。

それと、私のりらさんへのコメントへのお返事をありがとうございました。
とても丁寧に書いてくださったお返事、まさに、登山する直前に読ませていただきました。
りらさんからの富士山撮影への大きな励みになるたくさんの言葉に、ただただ感激して読み込んでしまいました。
ありがとうございます。いずれ、その日に撮った富士山の写真もアップしたいと思っています。
楽しみにしててくださいね!

りらさんの新シリーズも、素敵ですね!恋人とのデートでしょうか?
りらさんに素敵な人ができたように感じます。これからの二人の展開がどうなっていくのか楽しみです!

いつもいつも、ご親切にしてくださって、ありがとうございます。
これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします!

追伸…ベイブリッジからの富士山は、このブログの5月31日の記事がその写真です。フィルムで撮った昔の写真です^^。

No title

夏を感じさせる迫力の一枚です。やっぱりこんなにズームアップしても緊張感が保たれています。輪郭のラインの構成がうまいんだと思います。

nitta245さん^^。


nittaさん、こんばんは。

残暑お見舞いもい仕上げます。連日の猛暑が続くなか、暦の上では、もう秋ですね。

いつもうれしいコメントをいただきまして、ありがとうございます。

久しぶりに出かけた水ヶ塚というところ。江戸時代に大噴火を起こした宝永火口の真下に出ます。
稜線に突き出た火口と荒れた山肌が、当時の噴火の激しさを物語っていますよね。
あえて無駄なのもを省いて、この突き出た火口と荒々しい山肌のみを切り取ってみました。

この大きな火口が、ここを離れて、あちこち角度を変えてみると、景観として、ほどよいアクセントになるのですから、
富士山という山は、やはり、すごい山なんだと思い知らされる場所でもあります。

これから、しばらくは、山岳に入っての富士山の撮影に行こうと思っています。
いいのが撮れてたら、また、アップさせてください^^。

いつも、ご親切にしてくださって、本当にありがとうございます。
新たな撮影の、大いなる励みとエネルギーをいただいております。

まだまだ暑い日が続きますので、nittaさんも、くれぐれも、ご自愛くださいませ。


プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿