「今日の一枚!(撮れたて)」

荒波の彼方に (神奈川県 秋谷海岸)

「荒波の彼方に」  神奈川県 秋谷海岸
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR F8 1/125秒 ISO100

風の強い昼過ぎから、地元、神奈川県内の撮影ポイント、横須賀市の秋谷海岸に行った。
箱根が山の景色だとしたら、ここは海の景色が撮れるところ。

明け方まで雨が降っていたので、すっきり晴れるだろうと期待して出かけたつもりだったが、
夕暮れ時になるまで富士は見えず、やっと見えてきた富士も、おぼろげで雲が取れなかった。

それでも、荒れた海の向こうに悠然と聳える富士は素晴らしい。
これもまた富士の景色だ。松の枝に夕陽が入った瞬間を待って、シャッターを切った。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

山本 耕作さん

波は確かに生きています
その瞬間その一時
変化しながら その姿を自在に操りがごとく生きています
松の樹も生きています
どれだけ長い年月 この地で生きているのでしょう
朝陽とは 親友ですね
毎日 逢っているのですから
その親友同士が肩寄せ合うようにしています
これからの友情を誓うかの如くにです
素晴らしい 物語性を感じるお写真
感動しました

りらさん^^!

りらさん、こんにちは^^。

お返事が遅くなって、ごめんなさいね。

今回も、この写真に素敵な詩をつけてくださって、ありがとうございます。
新たな息吹を吹き込まれたような、そんな気持ちです。
そんなりらさんの感性に感動しています。

おっしゃるとおり、波も、松も、そして、富士も、全てが生きているのですよね。
もう少し富士がくっきり見えたらなぁとも思いましたが、生きているがゆえのこの景色なんですよね。
出会った景色を、可能な限り美しく撮れることが大事なんですものね。

りらさんの大さん橋、素晴らしかったです。
青がとてもきれいで印象的でした。
川崎の工場夜景、りらさんなら、必ず撮れるはずです。
ぜひ、挑戦してみてください!楽しみにしています^^。

いつもご親切にしていただいて、ありがとうございます!


No title

ねばりの一枚はこれまた素晴らしいですね。夕陽,松,海,そして最後に出たのが富士ですか。すべて役者がそろっての真打ちの富士の登場と物語を感じさせる絵の構図です。そして夕方の色と陰翳をドラマチックに写し取った渾身の一枚ですね。いつもながら一枚一枚の完成度が素晴らしいです。まいりました。

こんにちは

雄大な海の向うに聳える富士山、
良いですね~~~~~
荒れる波も良い感じです^^
僕達は港は近いのですが、打ち寄せる波が
見られないんですよね(^^;
波と富士山、贅沢だな~~
松に夕日がかかるのを待ってシャッターを切る
さすがですね~~~
全て、考え抜かれた画なんですね^^
勉強になります!

No title

見るのが遅れてしまいました。これはまた美しい~
松の枝の間に夕日が入ると、まさにこんな感じになると、わかって、撮っていらっしゃるのですか? すごいです!

それから、富士山の周りにはいろいろな植物があると思うのですが、あたかも松しかないように見える写真ってすごいなと思いました。稚拙な感想でお恥ずかしいですけど。

nitta245さん^^!

nittaさん、こんにちは。

お返事が遅くなって、申し訳ありません。

いつも、うれしいコメントをいただきまして、ありがとうございます。
横須賀市にある秋谷海岸は、神奈川県内では、富士山撮影地としては有名なところなんです。
だから、絵になりますよね。

明け方まで雨が降っていたので、午後はすっきり抜けるかと期待して出かけたのですが、甘かったですね(笑)。
この時期になると、富士山まで5、60キロ近くあるので、すっきとは見えてくれませんでした。

ただ、こういう見え方の富士も、やはり、富士の姿。かえって味わいがあるのではと思ってアップしてみました。
直射の太陽では光がきつかったのですが、この場所のシンボルでもある松の木がいい具合に遮光してくれました。

いつも、ご親切にしてくださいまして、本当にありがとうございます^^。



土佐けんさん^^!

土佐けんさん、こんにちは。

お返事が遅くなって、すみませんでした。

海の向こうの富士山もいいですよね。
この日は、風が強くて、海は荒れていましたよ。
北斎の絵みたいな富士山が撮りたかったのですが、そんなに甘くはなかったです(笑)。

お天気が荒れると、富士山には、このように雲がまとわりつくことが多いんです。
この雲がいつまでも取れなくて悔しくもありましたが、荒れる海とあの雲はワンセットなので、これもありかと思い直しました。

松に夕陽が入ったのは偶然です(笑)。太陽が直で入るので、輝度差が厳しいかと思いましたが、
ちょうど松に入ってくれてラッキーでしたね。多少のアクセントにもなりましたし^^。

土佐けんさんも、またこっちに来られた時、ここに行ってみてください。
行き方は、お教えしますから。いや、海と富士なら西伊豆の方がいいかな(笑)。

いつもご親切にしてくださって、本当にありがとうございます^^!

Mikitieさん^^。

Mikitieさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。お返事が遅くなって、すみません。

松の枝に夕陽が入るとこんな風になるかなんて、わかっていません(笑)。
直射日光がレンズに入って、厳しいなぁと思っていたら、うまい具合に松の木の方向に太陽が沈んでくれたんです。
これで少しばかり遮光されたので、光の具合が松の木を中心に柔らくなったのでラッキーでした。

おっしゃる通り、富士山の周りにはいろいろな植物が生えていると思います。
この写真の場合、この松はかなりの大木で、大きいのです。そこへ太陽がまともに入り込んで、
富士山と海、そして、一番近くにある大きな松だけが写真の中にとして残ったんですね。
特に、この松は、いつもそうなんですが、実物を見るたびに「わぁ、大きいんだ。」と声に出しています(笑)。

小さな植物を撮るには、この写真みたいに逆光では写り込まないですね。

いつも、ご親切にコメントをありがとうございます^^。


No title

こんばんわ。
神奈川県からでもこんなに富士山が見えるんですね!
真っ赤にきれいに焼けてますね。
逆光の太陽が木に隠れてるところもいいですね。

私も先日、初めて富士山をそばで撮ったのですが、
雲がかかったり、いろいろなタイミングが難しいですね~。
今度、差し支えなければご教授お願いします。

ハルさん^^!

ハルさん、こんにちは^^。

うれしいコメントをありがとうございます。

はい、神奈川県からは富士山はよく見えます。やっぱり、近いですからね。
コアな連中は、千葉や埼玉、茨城まで、富士山の撮影に出ています。
私も行きたいですね。

松に夕陽が入ったのは偶然ですが、毎年、4月の上旬から、湘南海岸東からダイヤモンド富士が始まるんです。
だから、その時期に近ければ、富士山の近くに太陽が沈むので、絵にはなりやすいんです。

はい、ぜひ、行きましょう^^!こちらこそ、よろしくです。
ご一緒できる時は、前もって、facebookの方からご連絡させていただきますね。
楽しみにしています!では^^。

プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿