「今日の一枚!」

富士錦秋 (河口湖)

「富士錦秋」 (河口湖)
PENTAX67Ⅱ  SMC PENTAX67 55-100mm f4.5  F22 1/4秒 PL RVP50

秋の富士をもう一枚。
富士と紅葉の写真で、あまりにも有名な河口湖の景色だ。
昇ったばかりの太陽が、紅葉した葉に射しこむ瞬間を狙えば、
その色は、より鮮やかになると思い、まだ暗いうちから待って撮った一枚。
朝日が射し込むと、狙いどおり、紅葉した葉は、見事なまでに、いっそう紅く染まった。
その瞬間、「錦秋の富士」という言葉が頭をよぎった。

※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

いつも更新されるのを首を長くしてお待ちしています^^
「富士錦秋」
お題の通り、見事な写真ですね!
真っ赤な紅葉と雪を頂いた富士山、
ただただ見惚れるだけです。
紅葉に朝日が当たった瞬間ですか^^
美しい、の一言です!!
このように素晴らしい画を撮ろうとすると
朝が良いんですね~~
美しい一瞬を見逃さない洞察力も必要ですね!
今日も素晴らしい写真に感動をいただきました^^

土佐けんさん^^。

こんにちは、土佐けんさん。

お返事が遅くなりました。

いつもご親切にしていただいて、本当にありがとうございます!

絵はがきのような写真ではありますが、何か工夫がしたくて、朝一番で撮ってみました。
前日に雨が降ったので、空気はきれいに洗い流され澄み渡り、富士山には雪がきれいでした。

紅葉も、桜と同じで、色づきのピークは長くはありませんよね。
河口湖は、紅葉と富士山を撮ることのできる一番ポピュラーな場所で、私もよく訪れますが
なかなかいいチャンスにめぐり会うことはできません。
この時は、富士山も綿帽子のような雪をかぶって、紅葉の色づきも見事でした。

また来年、どんな錦秋富士に出会えるのか、今から、楽しみです!

いつも、温かいコメントをありがとうございます。

とても、うれしいです^^!


こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。

鬼藤千春さん^^。

はじめまして、鬼藤さん。

数あるブログサイトの中から、当サイトへお越しくださいまして、ありがとうございます。
そちらのブログの方、拝見させていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

こんばんは

耕作さん、こんばんは。

今年は紅葉が遅かったようで、連日お邪魔してはこちらの写真を楽しませていただきました。
この見事な『赤』を切りとるために、大変な労力と時間を使われているのですね。
撮影の裏話がわかると、面白いものですね。

腰の具合はいかがでしょうか。
無理をなさらず(するんだろうけれど)ゆっくりと治してくださいませ。

御家族の冷たい視線に耐えた写真、だからこそ一層の価値が出てくる説。何の説(笑)?

楽しませていただいております。
寒さ厳しき折、お身体ご自愛くださいませ。

うづらさん^^。


うづらさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。
お返事が遅くなってしまって、ごめんなさいね。

うづらさんからのコメントを見つけた時、とてもうれしかったです^^。

今年の紅葉は、全国で時期も色づきもまちまちだったようですね。

秋らしい富士山って、富士山にはあまり雪が多くなくて、この写真みたいに、ちょこんと綿帽子がいいですよね。
自然が相手なので、その時の出会いを撮るので、贅沢は言ってられないのですが、自分が勝手にイメージしたようには撮れない中で、これは、よく撮れた方だと思っています(自画自賛かよ!?)

写真撮影の裏まで読んで、楽しんでいただけたことも、うれしいです。
作品作りですから、そこに何らかの気持ちを出せたらと思って撮っています。


腰の具合までご心配してくださって、ありがとうございます。
お蔭さまで、だいぶよくなり、自分で自分の物事は出来るようになりました(笑)。
うづらさんのテレビ見ながら笑いすぎてぎっくり腰になったというのを読んで、激痛に耐えながら笑ってしまいましたよ(笑)!
うづらさんらしい素敵なエピソードですね^^。

しなくてもいい余計な苦労に耐えた写真は、それなりの価値があるという説、ありがたくいただきます(笑)!
来週から冬富士の撮影に入りますので、、撮れたらまたアップしますね

うづらさんもお元気でいらしてくださいね!


プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿