「今日の一枚!(撮れたて)」

イルミネーションの彼方に (稲村ケ崎)

「イルミネーションの彼方に」  稲村ケ崎  
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR  F8 15秒 ISO400 

江の島のイルミネーションと富士山を絡めた写真が撮りたいと思い立ち、夕方から急ぎ稲村ケ崎に向かう。
海岸道路に出てみると予想外の強風で海は荒れていた。富士山の方向を見やると山頂付近には雲がまとわりついていた。
このように冬型が強い時、富士山はいつもシャンプーしてしまう。

日が沈めば、富士山にまとわりついた雲も取れるだろうとしばらく待機する。
完全に陽が沈んで、あたりが暗くなっていったころから予想通り、雲が取れてきた。
海を渡る西風がまともに当たり、三脚を揺らすほどだ。

いつものごとく、気がつくと真っ暗になって誰もいなくなっていた。
その時、暗闇の中で、江の島のイルミネーションの輝きが、いっそう強く目に入ってきた。
風が強いぶん、海は波しぶきで、海面に素晴らしい絵を描いてくれている。そして、後には富士が悠然と聳えている。
海沿いを走る車の光跡も湘南の景色らしく、ほどよいアクセントになったと思う。
感動のなか一人シャッターを切る。こんな富士もあっていい。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。



「今日の一枚!(撮れたて)」

彩雲_船津林道

「彩雲流れゆく」 富士吉田市 船津林道  
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR + テレコン×1.4  F5.6 1/8000秒 ISO200  PL

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
昨年も皆さまには大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

長く晴れ間の続くお正月で、条件的には変化に乏しいなか、富士を間近からアップで捉えようと考えた。
そこで、富士吉田側から富士山の一号目付近まで行ける所まで林道を上り、富士の荒々しい山肌を撮ってみた。

時間は太陽がほぼ真上から照らす正午前後。
真上から太陽に照らされて見える山肌は氷に閉ざされ、強風でできた風紋がくっきりと表れた。
そこへ、富士の前に雲が流れてきて、富士の正面で鮮やかな彩雲となって、この写真に、まさに、色を添えてくれた。
これもまさに富士の姿だと感動しながら夢中でシャッターを切り続けた。

よし!今年はよさそうだ!


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿