写真誌 『風景写真』 に掲載されます!

彩雲龍現る (箱根 大観山)

「彩雲龍現る」 箱根 大観山 6月11日撮影 
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm 2.84G  F16 1/350秒 ISO100


 風景写真2016年7-8月号
           
今日はお知らせがあります。

6月20日(月)に発売の写真雑誌 『風景写真』 の2016年7-8月号の巻頭特集 「写真家が好きな海」 に、
私の富士山の写真が、掲載されます。
西伊豆の南端にある千貫門という海越しの素晴らしい富士が見れるところから撮影した写真です。

お時間がありましたら、書店でお手にとってご覧になってみてください。


風景写真出版のリンク:『風景写真』2016年7-8月号のご案内

※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!(撮れたて)」

「湘南富士夕景」 茅ヶ崎海岸

「reflection」  神奈川県 茅ヶ崎海岸
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR F11 2秒 ISO100

日曜日の午後、今日は天気の回復が遅いだろうとのんびりしていたら、一気に回復してきた。
あわててカメラを持って、夕焼け狙いで出かけた。
最初は、箱根の山の上まで行こうと思ったが、出遅れたので、間に合いそうにない。

そこで、とにかく、一番近い富士山が見えるポイントの茅ヶ崎に向かった。
富士山の撮影ガイドの本にも出てこない富士山撮影としては無名の場所。カメラを持っているのは私一人だった。
写真のイメージは湧かなかったが、どんな出合いが待ってるか、そのことだけは楽しみにしていた。
何もない穏やかな海岸で、波が寄せては帰っていく。

砂浜に引き波が残り、それがゆっくり地中に消えていく時、出合いは起きた。
残った引き波に夕焼けの空が反射して、不思議なことに、いろいろな色に輝いたのだ。
何度も何度も、波がくるたびに「もっときれいな波よ来い!」と念じながらシャッターを切り続けた。
気がつけば、真っ暗。まわりには誰もいなくなっていた。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿