「今日の一枚!」

「横浜トワイライト」 大黒ふ頭

「横浜トワイライト富士」 (横浜市 大黒ふ頭)
PENTAX 67Ⅱ  SMC PENTAX67 55-100mm f4.5   f11 10秒 RVP50

思うように撮影に行けず、しばらく間が空いてしまった。
また、撮影に出たとしても、必ずしも納得のいく写真が撮れるという訳でもない。

という訳で、これも昔撮った写真を。
横浜の大黒ふ頭から眺めるベイブリッジにランドマークと富士山の写真だ。
富士山からの距離があるため、富士山がきれいに見える日は少ない。何日も通って撮れたものだ。

今では使う機材も、すっかりデジタルカメラがメインになったが、ポジフィルムが映し出す夜明けや夕暮れ時、いわゆる、
マジックアワーの色合いとグラデーションは、やはり格別だと思う。

北斎のあの有名な版画、富嶽三十六景 「神奈川沖浪裏」は、この辺りからの富士を描いたものだという。
風景はずいぶんと変わったものだ。しかし、これもまた富士の景色であることに、今も昔も変わらないのだ。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」

「荒天の予兆」 山中湖

「荒天の予兆」  山中湖
PENTAX 67Ⅱ  SMC PENTAX67 45mm f4   f22 1秒 RVP50

ずいぶん昔の、ちょうどこのくらいの時期に撮った写真だ。

天気図を見ると、朝鮮半島沖に低気圧が通過するところだったので、
富士山に笠雲は出ているだろうと当りをつけて、山中湖に出かけてみた。

すると、どうだろう、笠雲はもちろん、吊るし雲が成長した翼雲が、富士山の前で大きな翼を広げているではないか。
ここで、こんな景色が見れた時のために、6×7カメラ用の広角レンズを買っておいた。

折しも、満月が富士の中に沈んでいくところだった。湖面には逆さ富士に、月明かりまで映っていた。

舞台は揃った。チャンスは一瞬だった。この後、富士はすぐにこれらの雲に飲まれて姿を消してしまったのだ。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!(撮れたて)」

荒波の彼方に (神奈川県 秋谷海岸)

「荒波の彼方に」  神奈川県 秋谷海岸
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR F8 1/125秒 ISO100

風の強い昼過ぎから、地元、神奈川県内の撮影ポイント、横須賀市の秋谷海岸に行った。
箱根が山の景色だとしたら、ここは海の景色が撮れるところ。

明け方まで雨が降っていたので、すっきり晴れるだろうと期待して出かけたつもりだったが、
夕暮れ時になるまで富士は見えず、やっと見えてきた富士も、おぼろげで雲が取れなかった。

それでも、荒れた海の向こうに悠然と聳える富士は素晴らしい。
これもまた富士の景色だ。松の枝に夕陽が入った瞬間を待って、シャッターを切った。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿