南アルプス、観音岳へ行ってきました!

Dsc_29342_trim1fb2



こんにちは、みなさん。



今年の夏は、とにかく暑い!まだまだ、この暑さが続くのよう



ですが、先週末あたりから、少し空気が入れかわって、秋の



気配を感じるようになりました。季節は、確実にめぐっている



のですね!



私の方は、今月の14日から16日まで、南アルプスの観音岳



に撮影登山に行ってまいりました。2年前、天空を焼き尽くす



ような朝焼けを見ることが出来た山です。泊まる薬師岳山荘



まで片道9時間を要し、そこからさらに、観音岳まで1時間弱



かかります。ほとんどトレーニングをしてなかったので、きつい



登山にはなりましたが、やはり、南アルプス。素晴らしい景色



が待っていてくれました!



上:「BLUE MOMENT」 …観音岳より 2013年8月16日 夜明け



下1:「夏のオリオン座」 …観音岳より 2013年8月16日 夜中



下2:「鳳凰三山にだけ咲く花、タカネビランジ」



※写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。



ブログに戻るには、パソコン左上の「←」マークをクリックして



ください。



Dsc_28631trimfb2



Dsc_28391fb



登山家、野口 健さん、富士山の世界遺産登録に物申す!

Img_03261fbm_2



みなさん、こんばんは!



富士山が世界文化遺産に登録されて、はや一ヶ月がとう



に過ぎました。清掃登山でも有名な、登山家の野口健さん



が、今回、富士山の世界遺産登録について大変興味深い



お話をされています。私たちが考えなくてはならない本当の



問題を提起してくれています。



以下です。



「以前もツイッター等でも書きましたけれど、どうして日本の




メディアは条件付きであった富士山の世界遺産登録につい




て報じようとしないのか。

通常は世界遺産に登録されてから6年後にユネスコ関連か




らチェックを受けるものですが、富士山はその半分の3年間。




これはかなり異例との事です。

そしてそれだけではない。沢山の宿題をもらっている。増え続




ける観光客からどのようにして富士山を守っていのか、富士




山の自然管理システムを3年後までに提出しなければならな




いとされた。

また中山湖や河口湖を走るもモーターボートについて霊峰富士




の観点から眺めると違和感があるとのこと。




日本人はすぐに観光化してしまう癖がある。本来ならば霊峰富士




には 静寂な環境が求められる。

これら与えられた条件を一つ一つクリアしていかなければ3年後の




次のビックニュースは富士山の世界遺産取り消し、または世界危




遺産入りという事も十分に考えられる...

つまり富士山の世界遺産登録に浮かれている場合ではない。




我々はユネスコサイドに試されていると自覚したほうがいい。

まあ〜そんな愚痴ばかり言ってもラチがあかないのでまずは目の




ゴミと格闘しなくちゃ。

でもやっぱり条件付きの世界遺産であったことをメディアはしっか




伝えるべき。」




写真:「山頂へと続く光」 …山中湖にて 2013年7月14日撮影



※写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。



ブログに戻るには、パソコン左上の「←」マークをクリック



してください。

プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿