「今日の一枚!(撮れたて)」

満月照 (富士宮市)

「満月に照らされて」 富士宮市  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED   F11 30秒 ISO1250 


満月を待って、撮影に出た。今回のテーマは「満月と滝と富士」だ。
富士山があまりに大きいためか、富士山と滝が一緒に撮れる場所は意外と少ない。
真夜中、まず着いたのは、富士山の西側にある白糸の滝だった。あまりに有名なポイントであるにもかかわらず、
富士山を撮って20年目にして初めて来た。いずれ、その写真もアップしたい。

この写真は、白糸の滝を撮った後、少し南へ移動したところにある名もなき小さな滝で撮ったものだ。
満月の光が新雪をいただいた富士を煌々と照らす。富士の湧水が流れ込むこの滝も、やはり、月の光を受けてきらめいていた。

暗い中でのピント合わせと被写界深度を稼ぐために絞り込んだため露出の選択が難しかったが、
試行錯誤を繰り返しながら、どうにか撮ることができた。月明かりの富士を時間を忘れて夜通し楽しんだ。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!(撮れたて)」

イルミネーションの彼方に (稲村ケ崎)

「イルミネーションの彼方に」  稲村ケ崎  
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR  F8 15秒 ISO400 

江の島のイルミネーションと富士山を絡めた写真が撮りたいと思い立ち、夕方から急ぎ稲村ケ崎に向かう。
海岸道路に出てみると予想外の強風で海は荒れていた。富士山の方向を見やると山頂付近には雲がまとわりついていた。
このように冬型が強い時、富士山はいつもシャンプーしてしまう。

日が沈めば、富士山にまとわりついた雲も取れるだろうとしばらく待機する。
完全に陽が沈んで、あたりが暗くなっていったころから予想通り、雲が取れてきた。
海を渡る西風がまともに当たり、三脚を揺らすほどだ。

いつものごとく、気がつくと真っ暗になって誰もいなくなっていた。
その時、暗闇の中で、江の島のイルミネーションの輝きが、いっそう強く目に入ってきた。
風が強いぶん、海は波しぶきで、海面に素晴らしい絵を描いてくれている。そして、後には富士が悠然と聳えている。
海沿いを走る車の光跡も湘南の景色らしく、ほどよいアクセントになったと思う。
感動のなか一人シャッターを切る。こんな富士もあっていい。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。



「今日の一枚!(撮れたて)」

彩雲_船津林道

「彩雲流れゆく」 富士吉田市 船津林道  
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR + テレコン×1.4  F5.6 1/8000秒 ISO200  PL

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
昨年も皆さまには大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

長く晴れ間の続くお正月で、条件的には変化に乏しいなか、富士を間近からアップで捉えようと考えた。
そこで、富士吉田側から富士山の一号目付近まで行ける所まで林道を上り、富士の荒々しい山肌を撮ってみた。

時間は太陽がほぼ真上から照らす正午前後。
真上から太陽に照らされて見える山肌は氷に閉ざされ、強風でできた風紋がくっきりと表れた。
そこへ、富士の前に雲が流れてきて、富士の正面で鮮やかな彩雲となって、この写真に、まさに、色を添えてくれた。
これもまさに富士の姿だと感動しながら夢中でシャッターを切り続けた。

よし!今年はよさそうだ!


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」

月光の羽衣‗大観山

「月光の羽衣」 箱根 大観山    PENTAX 67Ⅱ  SMC PENTAX67 90-180mm f5.6   f5.6  15秒 RVP50 

今日は、箱根の大観山からの一枚を。
画家の横山大観が好んだ眺望の地ということから、その名がついたらしいが、まさに絶景。
今、自分が最も訪れたいと思っているポイントのひとつでもある。

これは雪が降った直後の夜中に、急ぎ箱根に向かって撮ったもの。

まだ暗い時間に現場に着くと、あたり一面は白銀の世界。木々は氷に包まれていた。
富士の方を見やると、折しも満月が富士に近づいて沈んでいこうとしていた。

月を入れて撮ると、月の明るさで富士が暗くなってしまい、暗いトーンの写真になってしまう。
そこで、あえて、ぎりぎりのところで月を外して、長めの露光で撮ってみた。
狙いは的中。富士の前を流れる雲に、月の光が射しこんで、まるで、富士が羽衣をまとっているかのような写真が撮れた。

下に見えているのは芦ノ湖。湖面が月明かりに照らされて、幻想的だった。
雪化粧された湖畔の木々も色を添えてくれて美しかった。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」

水鏡 (精進湖)

「水鏡」 精進湖  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED   F3.3 20秒 ISO1600 

ずいぶん久しぶりの更新となってしまった。
撮影に出られなかったのと、出ても思うような写真が撮れないでいた。

この写真は少し前に撮ったもの。
あてもなく精進湖にたどり着くと湖畔には誰もいない。
月明かりに照らされた富士だけが、湖面に鏡のように映しだされていた。

星の一粒まで湖面に映ることはめずらしい。それは、まさに水鏡。富士の前を流れる雲も美しかった。
真夜中の湖畔にただ一人、心穏やかに、そして、喜びを噛みしめながらシャッターを切った。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿