「今日の一枚!」

3000mの夜景 (南アルプス 観音岳)
「3000mの夜景」 南アルプス観音岳   Canon EOS 5D MarkⅡ  EF 24-105mm F4 L


ずいぶん久しぶりの更新になってしまってしまいました。
その間、毎日のように訪ねてくださった方々には、大変申し訳なく思っています。
この間、写真関係のお仕事が、雪崩を打ったように一気に押し寄せて、徹夜する日も続いたほどでした。

今の段階では、某製薬会社さんの来年のカレンダーの奇数月で写真が採用されたことをお伝えさせていただきます。
完成品が届いたら、また、ここでアップして、ご紹介させていただきます。

他にもいろいろありますが、それはまた追って、お話させていただけたらと思いますので、もうしばらくお待ちください。

写真は2012年7月18日に撮った、南アルプス観音岳からの富士山です。標高2850m。3000mには少し足りませんが、
それでも、この高さから見る甲府盆地の夜景は素晴らしいものがありました。夏に雲海に埋まらずに撮れたのは珍しいこと。
そして、この日の朝は、今まで見た中で最高の燃えるような朝焼けになったのです。
いずれ、その写真もアップしたいと思っています。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」

風薫る棚田富士 (山梨県 富士川町)

「風薫る棚田」 山梨県 富士川町   Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED  PL

この写真は、前回のツツジの写真を撮った時と同じ日に撮ったものだ。
厳しい撮影登山を終えたあと、棚田を見下ろすことができるほど近い小高い丘に向かった。

すっかり稲が伸びた田んぼが、新緑に染まってきれいだった。
背後には、富士山が雲をなびかせて悠然と聳えていた。通り抜ける風が心地よい穏やかな昼下がりだった。
来年は、水をはったばかりの時に来てみよう。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!(撮れたて)」

ヤマツツジに朝日射す (山梨県 富士川町)

「ヤマツツジに朝日射す」 山梨県 富士川町  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED  

一ヶ月ぶりの更新となってしまった。
今回は長年憧れていた光景をやっと撮ることができた。ヤマツツジと富士山の絶景だ。

真夜中に山梨県の林道を車で上る。終点に着くと天の川が頭上に見事なアーチを描いていた。
撮影ポイントまでは、ここから車両が進入できない道のため、登山道の入り口まで歩いていかなくてはならなかった。
真夜中の林道を歩くこと数キロ。今にも何か動物が出てきそうな雰囲気の山深い林道だ。
北岳で熊に遭遇して以来、やはり、熊の出現がこわい。やっと登山道入口に着くと、ここから急登を一気に駆け上がる。

三ツ峠以来の山登りに息も上がる。しかも、ここは傾斜が急できつい。
息せき切って稜線まで駆け上がると、樹林の彼方に富士の姿が見えた。今日はいいぞ!と胸が高鳴る。

頂上まで登りつめると、ポイントには大きなヤマツツジが富士の方を向いてきれいに咲いてた。
ここは山奥深い、まるで陸の孤島だ。切れた息を整える暇もなくカメラをセットし、日の出を待つ。
やがて東の空から太陽が昇り、その光がヤマツツジに射し込んだ。
美しい!この絶景を見ることができた、そして、撮ることができた幸運に感謝しながら、シャッターを切った。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!(撮れたて)」

天空燃ゆる (神奈川県 秋谷海岸)

「天空燃ゆる」 神奈川県 秋谷海岸   Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED  F11 1/8秒 ISO100

ポール・ロス状態からなかなか抜けられないでいたが、いつまでも富士山の写真を撮らないわけにはいかない(笑)。
かといって、ゴールデンウイーク中は富士五湖周辺は大混雑するため、つい脚がすくんでしまう。
いたずらに時間を過ごしていたが、昨日のお昼過ぎ、自宅周辺の空は薄雲リだったが、
ネットで雲画像を確認すると西の空がすっきり晴れていた。

帰省渋滞も気になったが、これは焼けるかもしれないと、ダメもとで出かけてみることにした。
場所は県内屈指の名勝、横須賀市の秋谷海岸だ。歌川広重も「相州三浦秋屋の里」というタイトルの浮世絵を描いている。
お気に入りの場所でよく出かけるが、思うような富士が撮れず、あまり相性のいい場所ではなかった。

海岸線に出ても富士は見えていなかったが、撮影ポイントに着くと、程なく水平線の彼方に見えてきた。
「これは行けるぞ!」と撮影開始。見る見るうちに天空の全てが燃え出した。
これだけの大焼けに出会えたのは何年ぶりだろう。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」 4月2日撮影

なごり雪の峠富士 (三ツ峠)


「なごり雪の峠富士」 三ツ峠  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED  F16 1/125秒 ISO100  PL

久しぶりの更新になってしまった。
桜も終わり、あちこちで夏日のニュースが流れる中、季節外れの雪景色の写真もいかがなものかと思うのだが。

この写真は、今月2日に撮ったものだ。この日の前日から山梨県は雪が降り、山間部ではかなりの積雪になった。
しばらく雪景色の富士を撮っていなかったこと、富士山の撮影ポイントとして一番好きな三ツ峠に、かれこれ5年登っていなかったことがずっと気になっていた。

1日の夜中から登山開始。5年ぶりの三ツ峠は、大変な積雪だった。
久しぶりの雪山登山に弱った心と体を叱咤激励しながら、どうにか山頂にたどり着くことができた。
しかし、富士山は待てど暮らせど出てこない。後から登ってきたカメラマンも先に山を下りてしまった。私も、諦めて冷えて疲れた体を休めるために、長年お世話になっている山小屋を訪ねた。宿泊客のいない小屋で主の息子さんがひとり小屋守りしていた。久しぶりの訪問にもかかわらず、とても親切に温かく迎えてくれた。

次々とカメラマンが山を下りていくのを見送りながら楽しく談笑して過ごしていると、なんと富士が現れてきたではないか。
ザックにしまったカメラを取り出して、慌てて小屋を出て撮影開始だ。
樹氷に覆われた木々の彼方、雲上に聳える富士がとても美しかった。心ゆくまで雲上の富士山を撮り続けた。
山小屋の息子さんが温かく迎えてくれなかったら、この写真は撮れなかったかもしれない。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿