FC2ブログ

「今日の一枚!(6月16日撮影)」

緑映大正池 (上高地

「原点の地」 上高地 大正池   SONY α7RⅢ   FE 24-105mm F4 G OSS

早いもので、もう6月も終わりが近づいて、いよいよ7月が始まる。
6月は、何年ぶりかわからないくらい久しぶりに、長野県の北アルプスの玄関口、上高地に撮影に出かけた。
上高地は、私にとって、風景写真を始めたきっかけの場所で、ここの写真を撮りたいがために何度も通ったものだ。

前日の天気予報では雨曇りで、一度はあきらめたのだが、
まだ暗い明け方、河童橋のライブカメラで穂高連峰が見えたので、ダッシュで向かった。

久しぶりに訪れた上高地は、変わらぬ美しさを見せてくれた。そして、撮影はとても楽しかった。
木々は新緑で輝くように美しく、梓川の流れはどこまでも透き通っていた。大好きな大正池や田代池もそれはきれいだった。

いつまでも、この美しい景観が保たれてほしいと思った。
原点の地、またもっと近いうちに訪れたい。


インスタグラム始めました。新たにフォローしてくださった方、ありがとうございます^^!
ここをクリックしてください^^


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」5月撮影

ティアラ富士 (朝霧高原)

「ティアラ富士」  朝霧高原  Nikon D850 AF-S NIKKOR 200-500mm F5.6E VR +テレコン×2

毎日、気温と共に湿度も上がってきた。
この時期特有の燃えるような夕焼けがしばしば見られるようになってきた。
なんとかしてチャンスをつかみたいものだと思う。

この写真は、富士山の山頂、剣ヶ峰(3776m)から、まさに太陽が昇る瞬間を捉えた写真だ。
山頂にある岩や建物の隙間から太陽の光が漏れて、それが繋がって、宝石のティアラのように見えることから、
「ティアラ富士」と呼ばれている。岩や建物の隙間から太陽の光が出る一瞬の景色なので、シャッターを切る瞬間は息を吞む思いだ。

何度も失敗を繰り返して、先月にやっと少しまともなのが撮れた。
大砲レンズにテレコンまで付けて、大きな三脚を使って、ブレ対策をしっかりする。
まだまだ課題はたくさん。それらをひとつずつクリアしながら、もっと上手く撮れたらと思う。



インスタグラム始めました。新たにフォローしてくださった方、ありがとうございます^^!
ここをクリックしてください^^


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!(4月撮影)」

「新茶香る頃」 (富士市)

「新茶香る頃 2019」 静岡県 富士市  Nikon D850 AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

初の10連休と言われた令和元年のゴールデンウイークも終わり、日に日に気温も上がってきた。
このところの温暖化で、日本の夏はゴールデンウイークとともに始まると思っているが、今年はいくらか遅かった。

ゴールデンウイーク前半は、4月28日だけがお天気に恵まれ、折しも、静岡の茶畑の新芽が出揃って絶好の撮影日和となった。
新雪を戴いた富士に、静岡の広い丘の上に一面新緑の茶畑がどこまでも広がっていた。
昨年の今ごろは写真展に追われて、お茶の季節に撮影に出られなかったので、とても嬉しかった。
写真は、あえてアングルを下げて、お茶の新芽の葉脈を入れて、その奥に広がる茶畑を写してみた。


インスタグラム始めました。新たにフォローしてくださった方、ありがとうございます^^!
ここをクリックしてください。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚(撮れたて)!」

「令和初撮り富士」 神奈川県三浦半島

「令和富士 初撮り」 神奈川県 三浦半島  SONY α7RⅢ   FE 24-105mm F4 G OSS

華やかに令和の時代が始まって、すぐにゴールデンウイークに突入した。
改元初日の朝は出かけられず、また、天気も思わしくなかったため、初の撮影は3日の夕方になった。
初撮りなので、地元の神奈川県内から選ばせてもらった。

5月3日は、三浦半島の先端にある城ヶ島でダイヤモンド富士が撮れるからだ。
ただ、今回は雲画像を見ると焼けそうな雲の配置だったため、ダイヤモンド富士より、夕焼け狙いで出かけた。
富士山の周りには雲が多く、日没後も変化がなかったので、
今日はダメかと諦めかけたが、やがてゆっくりと空が茜色に染まっていった。
空一面、そして、海面のすべてまで染め上げる光景は見事だった。

縁起のいい「令和の初撮り」に心も踊った。


インスタグラム始めました。ここをクリックしてください^^。

※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚(撮れたて)!」

平成最後のダイヤモンド富士 (田貫湖)

「平成最後のダイヤモンド富士」 田貫湖   Nikon D850  SMC PENTAX 645 A 35mm f4.5

時間は4月30日、夜の10時をまわった。もうすぐ平成が終わる。
日頃から元号は使わずに、西暦で年号を記す自分だが、考えてみると富士山はまさに「ザ・日本」だ。
元号にこだわった写真をアップするのも悪くはないだろう。
そして、前回の昭和から平成の時のように天皇崩御に伴う改元とちがい、お正月のようなお祭りムードも悪くない。

この写真は4月28日に撮った田貫湖でのダイヤモンド富士だ。
雨が続いたため、結果的に平成最後のダイヤモンド富士となったが、富士山は変わらず美しかった。
元号が変わるこのタイミングで、富士山はこの時期としては初めて見るような雪化粧をした。
日本の象徴ともいうべき富士も、改元を自らお祝いしているのだろうか。

新しい令和の時代も変わらぬ美しさ、そして、まだ見ぬ美しい富士を見せてほしい。
平和で良い時代になりますように。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿