「今日の一枚!(撮れたて)」

「ブルームーン」 山中湖

「ブルームーンに照らされて」 山中湖  Nikon D800E  TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD


相変わらず久しぶりの撮影になってしまいました。
早いもので、今年も一ヶ月が過ぎて、立春も間近に。

今年の1月は満月が二度きました。ブルームーンというそうですね。
そこへ皆既月食が重なって、大きな話題となっていました。私は、湖面のほとんどが氷結した山中湖へ。
山中湖は富士五湖で一番標高が高く、寒さが厳しいため、冬の富士山を撮るには最適なポイントのひとつなのです。

現場へ着くと、気温はマイナス15度。湖面は真っ白でした。寒いというより、痛い。
そこへ、満月の明かりがこうこうと輝き、雪原と化した湖面の雪がキラキラ光り輝いて、
そして、その奥には、月明かりに照らされた富士が、それはきれいでした。

しばらく湖畔を歩いていると、氷の隙間にできた水たまりに満月が映ってるのを見つけました。
風に揺らめく月影を眺めながら、湖畔に座り込んでじっくり撮る冬の富士は、やっぱり、美しいものでした。




※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

明けましておめでとうございます!(撮れたて!)

スーパームーン・パール富士2018

「スーパームーンのパール富士」 山梨県 佐野峠 (2018年元旦撮影) 
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 200-500mm F5.6E ED VR

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年中も、「写真館 美しき富士」をありがとうございました。初の個展も開催したり、
カレンダーにも写真を採用していただりと、お蔭さまで、充実した一年になりました。

今年は、元旦の夜中から、ダイヤモンド富士と、夕暮れ時のパール富士狙いで出撃しました。
特に、元旦から2日にかけての月は、今年のスーパームーン。初の撮影に心も踊りました。
場所は、静岡との県境に近い、山梨県の佐野峠。初めて行くこの山奥の地は、自宅から、往復350km。

そして、初めて見る、元旦のスーパームーン・パール富士は、苦労の甲斐あって、それは見事でした。
富士山は刻々と沈んでいく太陽の夕日の光を浴びて深い紅色に染まり、その色が極みに達すると同時に、
スーパームーンが富士の山頂に昇りました。感動に震えながら、ひたすらシャッターを切り続けました。
「今年もいいぞ!」と胸の高鳴りを抑えつつ、現場を後にしました。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

製薬会社のカレンダーに採用されました!

持田製薬カレンダー2018年表紙

今回は、富士山の写真ではなく、お知らせです。
来年、2018年の、持田製薬さんのカレンダーの奇数月(1、3、5、7、9、11月)の写真を
私が担当させていただくことになりました。
以前、少しだけご報告させていただきましたが、カレンダーが手元に届いたので、お披露目させていただきます。

このカレンダーも、形になるまでに、惜しみなく力添えしてくれた方がいました。心から感謝しています。
お知り合いでお医者さまや薬剤師の方がいらしたら、ぜひ、お問い合わせしてみてください。手に入るかもしれません^^。



※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

持田製薬カレンダー2018年9月

「今日の一枚(撮れたて)!」

「富士と語らう」 山中湖

「富士と対話する」 山中湖   Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED

相変わらずの久しぶりの更新になってしまいました。
何度もお越しくださった方や、拍手コメントをくださった方には、大変申し訳なく思っています。
そして、ありがとうございます。

写真展とコラボ・コンサートが無事に終わってからも、関係者の方々へのご挨拶など、慌ただしく過ごしていました。
しばらくは虚脱感で撮影に出ることも出来ずにいましたが、この日曜日にやっと山中湖へ出かけてきました。
いつもの湖畔に出ると、そこには富士山が変わらない姿を見せてくれました。

日暮れ時が迫るとともに、やがて、富士の山頂に笠雲が現れました。
そして、雲がにわかに色づいたのです。彩雲です。初めて見る笠雲の彩雲に心も踊りました。
笠雲や彩雲が現れたり消えたりを繰り返して、それを撮っていると、まるで、自分と富士山が対話しているような気持になりました。

これからも、まだ見ぬ富士の姿を、いつまでも追い続けていきたいと、心を新たにした初冬の夕暮れでした。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

写真展 「富士悠久」 が無事終了しました!

コラボコンサート_天の川
写真教室の様子
写真、上:スペシャル・コンサートで演奏する中井智弥さん     下:ワークショップ、写真教室の様子

みなさん、こんにちは!

10月12日(木)、二十五弦琴の中井智弥さんとのスペシャル・コンサートを持ちまして、
写真展、並びに、スペシャル・コンサート「富士悠久」が無事に終了いたしました。

期間中は、予想を超える方々にご来場いただき、心から感謝申しあげます。
地元、神奈川県、東京はもちろん、遠くは、宮城、京都、長野、岐阜、愛知、静岡、山梨、群馬、栃木、千葉、埼玉、、、
いろいろな所から足を運んでいただきました。
また、何度もいらしてくださった方、宣伝してくださった方にも、あらためて、感謝申し上げます。
お越しくださる方が奇跡を引き起こしてくれる素晴らしい毎日でした。

企画された初めての写真教室も、集まってくださったみなさんの熱気が素晴らしくて、雰囲気も最高でした。
それゆえに、これもまた、とても楽しい時間になりました。

そして、最終日のスペシャル・コンサートは、自分が感動してしまうほどの素晴らしい内容となり、
風景写真の新たな可能性を感じさせてくれた夜でもありました。これで終わらせないで欲しいというお声をたくさんいただき、
また新しいプロジェクトも動き出しそうです。

最後に、
私が撮ってきた全ての写真が、出会ってきた素晴らしい写真仲間や友だち達のお蔭で撮ることができたこと、
また、必ずしも表には出ない形で、そして、それは、とても大きな力で、ずっと私を支え続けてくれてきた方々にも、
感謝の気持ちでいっぱいです!

みなさん、本当にありがとうございました^^!


プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿