「今日の一枚!」

水鏡 (精進湖)

「水鏡」 精進湖  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED   F3.3 20秒 ISO1600 

ずいぶん久しぶりの更新となってしまった。
撮影に出られなかったのと、出ても思うような写真が撮れないでいた。

この写真は少し前に撮ったもの。
あてもなく精進湖にたどり着くと湖畔には誰もいない。
月明かりに照らされた富士だけが、湖面に鏡のように映しだされていた。

星の一粒まで湖面に映ることはめずらしい。それは、まさに水鏡。富士の前を流れる雲も美しかった。
真夜中の湖畔にただ一人、心穏やかに、そして、喜びを噛みしめながらシャッターを切った。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」

雲上孤高 (三ツ峠)

「雲上孤高」 三ツ峠    PENTAX 67Ⅱ  SMC PENTAX67 55-100mm f4.5   f22 1/15秒 RVP50 PL

久しぶりの投稿になってしまった。
秋雨前線や台風など、長い間、富士山が出てこなかったり、出てきても、思うように撮れなかったりしていた。

そこで、今日は、私がこれまで見てきた富士山の中で、一位、二位を争う富士の姿をお届けしたい。

富士山写真の聖地と言われる三ツ峠からの一枚。
ここからの真冬の雲海富士を撮りたくて、冬になると何年も通い詰めて、やっとの思いで撮ることができた一枚だ。

太陽の光が雲海に射し込むと、染まった雲海が大きくうねりだした。
それを富士が見下ろすかのように悠然と聳えるのを見た時、思わず手を合わせてしまった。
その姿は、まさに、雲上孤高。これぞ富士!と言える神々しい姿だった。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」

閃光走る (山中湖)

「閃光走る」 山中湖  Nikon D800E  AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED   F8 1/3秒 ISO100 

これは、天の川と富士山の写真を撮った日の朝、山中湖に出て撮ったものだ。
風が強く、湖面は波立ち、富士の前にも雲が邪魔をしていて、状況的には厳しいかと思われた。

しかし、空を見上げると、富士の山頂から放射状に光が伸びているのが見えるではないか。
かすかな光の帯だったため、これに気づいた人はほとんどいなかったが、この光景に驚いた私は夢中でシャッターを切り続けた。

天の川の次は、光のショー。忙しくて、楽しい撮影日和だった。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。


「今日の一枚!」

山並みの彼方に (山梨県 雁ガ腹摺山)

「山並みの彼方に」 山梨県 雁ガ腹摺山
Nikon D800E  AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR  F8 1/45秒 ISO100 PL

久しぶりの更新になってしまった。
この写真は、この夏、南アルプスの北岳登山のトレーニングを兼ねて登ってきた時に撮った写真だ。
ここから眺める富士は、連なる山並みの彼方に、それを見下ろすかのように雄大な姿を見せてくれる素晴らしいポイントで、
三ツ峠と並んで、何度も通ってきた。

この日は、この夏の暑さに加え、湿度も高く、空気の抜けこそ悪かったが、それでも、富士山に朝日が当ると、
富士がほのかに色づいて、優しい色合いの赤富士となった。
折しも、右手に広がる甲府盆地から、一筋の雲が流れてきて、この雄大な景色に花を添えてくれた。
何度来ても、ここからの富士は、美しい。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。

「今日の一枚!」

真夏のラブレター (山梨県 梨ヶ原)

「真夏のラブレター」 山梨県 梨ヶ原 Nikon D800E TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD  F2.8 15秒 ISO2500

柄にもなくロマンティックなタイトルをつけてみた。

家族だったり、友達だったり、恋人だったり、
大切な人に愛や感謝の気持ちを伝えたい時、
言葉では思うように表現できずに、うまく伝えられない時がある。

そんな時に、天の川にのせて、写真で愛や感謝を伝えられたらとの想いで撮った一枚。
真夜中の誰もいない真っ暗な自衛隊の演習場で、ただ一人、ひたすらシャッターを切り続けた。
この夏の思い出深い富士の一枚。


※アルバムは、この写真をクリックすると、右上にアルバムのメニュー画面が出て来ます。
または、パソコン画面右側、メニューの「アルバム」のサムネイルをクリックして、ご覧ください。


※ 当サイトはリンクフリーです。
プロフィール

山本 耕作(Kosaku Yamamoto)

Author:山本 耕作(Kosaku Yamamoto)
詳しいプロフィールは、「カテゴリ」の「プロフィール」をご覧ください。

アルバム
カテゴリ
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
過去の投稿